HOMEイベント情報 > 終了 |英国発祥本格シュガークラフトWorkShop
イベント情報

終了 |英国発祥本格シュガークラフトWorkShop


シュガークラフト とは →

その名の通り砂糖でできた手工芸品。粉砂糖をメインに使って作った粘土状のペーストで様々な形を作ります。食用色素を使うのでカラフルに色を自在に表現することもできます。食用の材料のみで作ったものですから、食べようと思えば食べることはできますが、飾りとしての作品の見た目の美しさのが重要視されます。

 

シュガークラフトの歴史 →

12世紀イギリスで発祥したと言われています。19世紀ヴィクトリア女王時代には、ケーキをシュガークラフトでデコレーションする技術が生まれました。イギリスでは今でも、シュガークラフトケーキをお祝い事や記念日などの時にギフトとして贈ることが多く、とても身近なものです。

 ●講師 村松さんの作品

講師 : 村松 静さん   ~プロフィール~

2004年:

東京シュガーアートにてシュガークラフトを学ぶ。

 

2006年:

イギリスに短期留学。 Geraldine Dahlk氏にシュガーアートを学ぶ。

 

2006年:

長野東急カルチャースクールにて講師を務める。

 

 

2007年:

台湾にてWilton Lambeth Methods class 終了。

 

2008年:

イギリスロンドンで行なわれた  SALON CULINAIRE INTERNATIONAL DE     LONDORESにてミニチュア部門で金賞、 セレブレーションケーキ部門で銅賞受賞。

 

2010年:

イギリスSquires Kitchen Exhibitionにて シュガークラフトミニチュア ウェディングケーキ部門で銀賞受賞。

 

2013年:

日本シュガーアートコンペティションにて セレブレーションケーキ部門で銅賞受賞。

 

2013年:

帝国ホテル東京スウィーツアート展に出展

 

2014年:

イギリスCake International セレブレーション部門で金賞

一覧に戻る
ページTOPへ