ワ行

ア

カ

サ

タ

ナ

ハ

マ

ヤ

ラ

ワ

こちらの植物の一覧は「在庫表」ではありません。在庫はお問い合わせください。

ワイヤープランツ

花名
ワイヤープランツ
花名(カナ)
ワイヤープランツ
花言葉
科/属
タデ科ミューレンベッキア属
分類
匍匐性常緑小低木
分布
ニュージランド原産
花期
-
置き場所
半日陰~日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。冬場は少なめ
肥料
春~秋に置肥又は液肥を与える。
説明内容
可愛らしい小さな葉がポイント。つる性なので吊り鉢にするとオシャレです。寄せ植えやハンギングにも向きます。花期は夏。

ワイルドオーツ

花名
ワイルドオーツ
花名(カナ)
ワイルドオーツ
花言葉
科/属
イネ科チャスマンティウム属
分類
多年草
分布
北アメリカ、メキシコ原産
花期
-
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
春~秋に置肥又は液肥を与える。
説明内容
ペタっとした扁平な穂がユニークなイネ科の多年草です。小判のような形から別名「宿根小判草」。冬は地上部が枯れます。ドライフラワーとしても楽しめます。食用となるオーツ麦とは異なります。日当たりの良い乾いた土地を好み、荒地でも良く育ちます。

ワイルドキャロット

花名
ワイルドキャロット
花名(カナ)
ワイルドキャロット
花言葉
科/属
セリ科ニンジン属
分類
一年草
分布
西アジア、地中海原産
花期
夏~秋
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
植え付け時に緩効性肥料
説明内容
ビタミン、ミネラル、ベータカロチンなどを多く含む野生のにんじんで、枝や葉、根などを香油やお茶などで利用します。野菜のにんじんのように食用にはしません。日本では海岸沿いなどに自生します。和名は野良にんじん。枝をお茶にして飲むと強力な利尿作用があるため体の毒素を出す効果があります。また筋張って見える白い根はオレンジの香りがし、苦味があります。根から抽出したオイルはお肌にもいいとされています。

ワイルドストロベリー

花名
ワイルドストロベリー
花名(カナ)
ワイルドストロベリー
花言葉
思慮深い
科/属
バラ科フラガリア属(オランダイチゴ属)
分類
耐寒性多年草
分布
ヨーロッパ原産
花期
4月から10月ごろまで
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
春と秋に緩効性肥料を施す。
説明内容
小さい実は甘すっぱく、ジャムや生食でも美味しい。日が当たらないと軟弱になりますので、室内などには置かないようにしてください。

ワイルドトマト

花名
ワイルドトマト
花名(カナ)
ワイルドトマト
花言葉
完成美(トマトの花言葉)
科/属
ナス科ナス属
分類
一年草
分布
アンデス(トマトの原産地)原産
花期
5~8月
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
植え付け時に配合肥料または化成肥料。
説明内容
原種のトマトでプチトマトより小さい実がなります。実は小さいですが、ミニトマトと同じように甘くて美味しい実がなります。育て方はミニトマトと同じ。大きくなりますので支柱を立てましょう。よく日の当たるところで育ててください。

ワイルドパンジー

花名
ワイルドパンジー
花名(カナ)
ワイルドパンジー
花言葉
思慮深い
科/属
スミレ科スミレ属
分類
耐寒性多年草
分布
ヨーロッパ、北アフリカ、温帯アジア原産
花期
3月~9月
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
月に1~2回液肥。
説明内容
大きな花の園芸品種とは違う野生種で、ハーブコーナーに入荷します。比較的日当たりの良い肥沃な湿潤地、種は春または秋に直播きします。本来は多年草ですが、暑い地域では一年草として扱います。香りを楽しむハーブではありませんが、花を砂糖漬けにしたり、エイディブルフラワーとしてお菓子などに利用されています。

ワイルドルッコラ(セルバチコ)

花名
ワイルドルッコラ(セルバチコ)
花名(カナ)
ワイルドルッコラ
花言葉
競争
科/属
アブラナ科キバナスズシロ属
分類
多年草
分布
イタリア原産
花期
4月から10月ごろまで
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
元肥を施した後は定期的に薄めの液肥。
説明内容
別名セルバチコ。ロケットサラダ(ルッコラ)の野生種で、ルッコラより濃い香りとゴマの風味、苦味があります。見た目は水菜に似ています。日本では一年草扱い。ワイルドロケットという名前で流通することもあります。

ワケギ

花名
ワケギ
花名(カナ)
ワケギ
花言葉
競争
科/属
ユリ科ネギ属
分類
多年草
分布
ギリシア原産
花期
11月~翌4月ごろ
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり。
肥料
元肥を施した後は定期的に薄めの液肥。
説明内容
ネギの仲間で、一本ネギよりは細く、あさつきよりは太いです。一本ネギに比べて全体に小ぶりで葉が細く、柔らかいのが特徴。刺激臭や辛みが少なく、特有の香りと甘みがあります。酢みそ和えや、ヌタなどに。8月下旬に、陰干ししておいた種球を2個球/1株単位で定植します。株間は30cmほど。植え付け敵期は8~10月で、収穫は11月~翌4月ごろになります。

ワサビの木(マルンガイ)

花名
ワサビの木(マルンガイ)
花名(カナ)
ワサビの木
花言葉
科/属
ワサビノキ科
分類
非耐寒性中低木北
分布
インド原産
花期
-
置き場所
日当たり
水やり
乾いたらたっぷり
肥料
花が咲いた頃に化成肥料を月に一回ほど。
説明内容
別名マルンガイ。葉にホウレンソウの4倍近いビタミンCを含み、カルシウム、鉄分、たんぱく質も豊富。熱を加えると辛くなります。地球上で現在までに発見された可食植物の中で、最もバランスよく豊富な栄養素を含んでいるといわれ、300以上の病気を治療する奇跡の木とも呼ばれます。捨てるところがなく、葉の他に花も実も食べられます。葉や新芽は油いためやスープに。つぼみは炒めたり、開いた花はお菓子や乾燥してティーに、実はグリンピースなどと同じように調理できます。寒さには強くありません。冬は5度ぐらい欲しい植物、冬は室内にとりこみます。寒いと落葉します。

ワサビ(畑ワサビ)

花名
ワサビ(畑ワサビ)
花名(カナ)
ワサビ
花言葉
目覚め、うれし涙
科/属
アブラナ科ワサビ属
分類
常緑多年草
分布
日本原産
花期
置き場所
半日陰
水やり
-
肥料
植え付け時に緩効性肥料、7~10日ごとに観葉植物用の液肥。
説明内容
本来は清流で育つワサビですが、こちらは家庭栽培用に育てやすく改良された畑ワサビです。半陰性ですので、直射日光は避けて、時々朝の柔らかい日光にあてて下さい。温度は5度から18度位で、最適温度は15度程度。水やりは時々多めに与えて下さい。肥料は7~10日ごとに観葉植物用の液肥を与えます。冷涼な場所を好みます。

ワスレナグサ

花名
ワスレナグサ
花名(カナ)
ワスレナグサ
花言葉
私を忘れないで、真実の愛
科/属
ムラサキ科ワスレナグサ属
分類
耐寒性多年草
分布
ヨーロッパ原産
花期
置き場所
日当たり
水やり
-
肥料
植え付け時に緩効性肥料。
説明内容
青い可憐な小花を咲かせます。群生した姿も優しい風情があります。花色は青花のほかに桃花もあります。耐寒性はありますが高温多湿はやや苦手です。

ワタスゲ

花名
ワタスゲ
花名(カナ)
ワタスゲ
花言葉
あきらめ、自重(スゲの花言葉)
科/属
カヤツリグサ科ワタスゲ属
分類
多年草
分布
日本原産
花期
5~7月ごろ
置き場所
日当たり
水やり
-
肥料
植え付け時に緩効性肥料
説明内容
山地・低山、高山・亜高山、湿地・池沼などに自生する多年草。白い綿毛のような果実は、初夏の高原の風物詩。奥日光の戦場ヶ原の湿原で、ワタスゲの群落を見ることができます。花は茶色であまり目立ちません。
ページTOPへ