HOME店舗案内ガーデニング Zone花苗・鉢花春・夏のお花 > ヘレボラス・オリエンタリス(クリスマスローズ) [ Helleborus orientalis]
店舗案内

ヘレボラス・オリエンタリス(クリスマスローズ) [ Helleborus orientalis]

※店頭在庫ではありません[今まで店頭で扱った商品を資料として掲載しています]

一般的に「クリスマスローズ」の名前で流通しますが、正式には「クリスマスローズ」(英名)は、=「ヘレボラス・ニゲル」(学名)(12月頃に開花する冬咲き白花種のひとつ)だけを指します。
その他の春に開花するタイプは「クリスマスローズ」ではなく、本来は「レンテンローズ」(英名)(Lenten rose)=「ヘレボラス・オリエンタリス」(学名)といいます。(キリスト教のレントの時期頃に開花するため)
混乱しやすいので、園芸店ではまとめて「クリスマスローズ」の名前で出回ることが多くなっています。

うつむく様に咲く上品な草姿で、シェードガーデンの代名詞。大変人気のあるお花です。
日陰のお庭に向く植物として第一に紹介されることも多いですが、実は一年中全く日が当たらない場所は、NGです。
冬はよく日が当たり、夏場は木陰になるような、落葉樹の下などがベスト。
日陰に向く植物、といっても、冬に日があたらない環境ではうまく育ちませんのでご注意ください。


また、小さなポット苗の株は、開花するまでに何年かかかる場合も多いです。
すぐお花を楽しみたい場合は、大株または開花株をおすすめします。
特ににミックスで入ってくる苗の場合は、何色のお花が咲くかわからないことも多々ありますので、実際の花色を見て買われた方が失敗も少ないです。
学名:
科・属:
Helleborus
常緑多年草 キンポウゲ科ヘレボラス属
別名:
レンテンローズ、ヘレボラス・オリエンタリス
原産地:
ヨーロッパ、西アジア
花期:
12~4月
草丈:
10~60cm
管理:
冬はよく日が当たり、夏場は木陰になるような、落葉樹の下。
水やり:
乾いたらたっぷり。
肥料:
植え付け時に緩効性肥料。冬~春にかけて固形肥料または液肥。

投稿日:2013年2月10日
一覧に戻る
ページTOPへ