HOME店舗案内ガーデニング Zoneハーブキッチンハーブ > カレーリーフ[Murraya koenigii]
店舗案内

カレーリーフ[Murraya koenigii]

※店頭在庫ではありません[今まで店頭で扱った商品を資料として掲載しています]

カレーと柑橘を足したようなスパイシーな香りがあり、インドやスリランカでは欠かせないハーブです。
カレー料理のほかに、マリネ漬けなどにも使われるようです。

乾燥した葉も市販されているようですが、乾燥したものは香りが弱くなり、本来は生葉を利用します。
耐寒性はありませんので、日本での栽培はやや難しい部類に入ります。
植物名:
カレーリーフ
学名:
科・属:
Murraya koenigii
常緑小低木  ミカン科ゲッキツ属
原産地:
インド
別名:
オオバゲッキツ、ナンヨウザンショウ、カレーの木、カルピンチャ
利用部位:
葉、花、根など
花期:
5~7月
草丈:
4~6m
管理:
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
冬は室内に取り込んでください。(10~15度くらいは必要)
水やり:
乾いたらたっぷり。乾燥は嫌います。
肥料:
植え付け時に緩効性肥料。一ヶ月に一度くらいの追肥。
取扱い時期:
苗は、ある程度暖かくならないと出荷されないため、苗の入荷・取扱い時期は、5月中旬~6月以降くらいとなります(その年の気温によって多少変動します)
投稿日:2013年4月5日
一覧に戻る
ページTOPへ