HOME店舗案内ガーデニング Zoneハーブキッチンハーブ > サラダバーネット[Sanguisorba minor]
店舗案内

サラダバーネット[Sanguisorba minor]

※店頭在庫ではありません[今まで店頭で扱った商品を資料として掲載しています]

若葉をサラダなどで食することができるハーブで、キュウリのような風味があります。サラダのほかにはスープや冷たい飲み物などにもアクセントとして使われます。
日本に自生するワレモコウやカライトソウは近縁にあたります。お花はピンク色でかわいらしく、ドライフラワーとして楽しむこともできます。
植物名:
サラダバーネット
学名:
科・属:
Sanguisorba minor
多年草  バラ科ワレモコウ属
原産地:
地中海沿岸
別名:
オランダワレモコウ、ガーデンバーネット
利用部位:
葉、花、根
花期:
5~6月
収穫期:
花が咲いてしまうと葉が硬くなり、食用に適さなくなってしまいます。
花を咲かせないよう花茎が伸びてきたらこまめにつみ取ると長く収穫することができます。
草丈:
30~70cm
管理:
日当たりと水はけのよい場所を好みます。高温多湿を嫌います。
水やり:
乾いたらたっぷり。
肥料:
植え付け時に緩効性肥料。
投稿日:2013年4月19日
一覧に戻る
ページTOPへ