HOME店舗案内ガーデニング Zoneハーブキッチンハーブ > ステビア[Stevia rebaudiana]
店舗案内

ステビア[Stevia rebaudiana]

※店頭在庫ではありません[今まで店頭で扱った商品を資料として掲載しています]

「ステビオシド」や「レバウディオサイドA」といった甘味成分を含み、砂糖にかわる甘味料として用いられるハーブです。
ステビオシドはショ糖の300倍の甘味度を持つといわれており、糖尿病予防やダイエットなどで効果が期待されています。
乾燥させた葉や茎をハーブティーとして利用するほか、生葉をデザートに添えたりできます。
また、ステビアの成分には、土中のダイオキシンや残留農薬などを分解する効果があり、土壌の活性化をはかる目的で土づくりにも利用されています。
植物名:
ステビア
学名:
科・属:
Stevia rebaudiana
非耐寒性多年草  キク科ステビア属
原産地:
南アメリカ
別名:
アマハステビア
利用部位:
葉、茎、根
花期:
8~9月
収穫期:
10~11月初旬 (甘味成分のステビオサイドが一年のうちで一番高くなるのは花後の10~11月初旬で、その頃に収穫するのがおすすめです。)
草丈:
0.5~1m
管理:
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
水やり:
乾いたらたっぷり。
肥料:
植え付け時に緩効性肥料。
投稿日:2013年4月11日
一覧に戻る
ページTOPへ