秋蒔き大根の種「冬みね」はじめ続々入荷!


●ダイコンの種●

冬自慢/練馬大根/三浦大根/青源三浦大根/港都青首/聖護院 (サカタのタネ)

ダイコンの種


Rhubarb jam  ルバーブジャム (リュバーブジャム)


フランス語で、rhubarbe:リュバーブ

ルバーブジャムを、食べたことは何度かあったけれど…
日本では長野などで栽培されていて、
清里のレストランでは、ヨーグルトのトッピングとして
いくつかのジャムと同様に、
ボールいっぱいのルバーブジャムが並んでいました!

小金井市でも、特産品として栽培されているようです。

『おいしい!』  と、はまってしまった、きっかけが
イチゴとルバーブを半量ずつの手作りジャムをいただいてから。

ストロベリージャムだけとは違う、
甘すぎず、ほどよい酸味の、さっぱりジャムだったのですが、
食べ続けていたら、今度はルバーブだけのジャムに惹かれて…

ドイツパンのような、少しすっぱめなパンがお好きな方は、
ルバーブジャムも好きなのじゃないかしら?と思います。

『ルバーブジャムって、どんな味?』と問われると
返事にこまって

トップの写真は、ドイツパンに、ルバーブジャム(てんさい糖を使ったもの)をのせたもの。
ちょっとすっぱいもの同士で、これはこれで、やや硬めのドイツパンに合わせても、おいしい。

個人的には、トーストした食パンに、バターを塗って、
ルバーブジャムをたっぷりのせるのが、おいしい!!

ルバーブは、肉を食べる西洋の方が、日本に導入したいきさつもあり、
お肉をたくさん食べる人には、繊維が豊富なルバーブは、向いているそうですよ。
でも、おなかが緩くなりやすい特徴があるので、
おなかが弱い方などは、食べ過ぎに注意ですね。

砂糖との相性がよく、煮詰めて食べるのがおいしいルバーブジャム、
クラッカーやヨーグルトにのせたり…
大きめに切って、煮崩れさせずに、コンポートにしてタルトの具にしたり…
パン生地に入れたり、生のままジューサーでジュースにしたり…
肉料理のソースに…
いろいろと試してみてほしいハーブ(野菜)です。

おいしい食べ方を見つけて、おいしい幸せごはん時間を愉しみましょう。

 

ルバーブのこと

青茎種は、青というけれど、緑色と、赤みを帯びる部分もある。すてきな自然のグラデーション。
ルバーブの茎を、野菜として販売している所が少なく、それならば、自分で育てよう!と、ポットの苗をお買い求めに、お客様がいらっしゃいます。
3寸(直径9cm)のポット苗を、秋に植え付けると、翌年の初夏には、ぐんぐん育って、高さ80㎝程、葉の大きさは30㎝程の株になります。
苗を畑に植えて栽培、2、3年目に収穫、加工、そしてテーブルへ…

ルバーブはシベリア地方原産で、寒さに強く、暑さに弱い植物で、
2m近くに育つ大型の多年草です。
茎の部分を食べる野菜で、緩やかな、整腸作用があります。
葉の部分は、シュウ酸が多量に含まれているため、食べられません。

植え付け場所は、朝日の当たる東北向きの、夏場は、涼しくなる場所が向いています。

 

ルバーブとイチゴのジャム レシピ

【材料】

ルバーブ:250g

イチゴ:250g(1パック分)

グラニュー糖:125g

 

砂糖の種類のこと

グラニュー糖…素材の味と色を邪魔せず、すっきりした甘さときれいな色のジャムが作れます。
てんさい糖…材料の半量のてんさい糖を使うと、やや濃いめの甘さで、茶色が濃いジャムになります。

(1)

ルバーブとイチゴを洗って、水気を切り、ヘタを取る。皮はむかなくてよい。
ルバーブは1.5㎝くらいの長さに切る。
(かたまりのある状態で食べたいときは、3、4㎝に切る。
これは、ジャムというより、コンフィチュールかしらね。)
イチゴは半分に切る。
ホーローか、ステンレス鍋に、ルバーブ、イチゴ、を入れて、
砂糖をまぶし、1時間から、一晩おく。(暑い日は、蓋をして、冷蔵庫の中へ入れておく)
(すぐ食べきる量のすぐ食べたい時は、材料が1/4位浸かるくらいの水を入れて火にかける)

 

(2)

翌朝、ルバーブとイチゴから水分がでてきていて、やや浸るくらいになっている。
(冷蔵庫に入れておいた場合は、まだ砂糖が溶けきらず、残っていたりする)

中火にかけ、木べらで混ぜる。煮立ったたら、弱火にする。
灰汁を、スプーンなどですくって、捨てる。

ふきの様な固い茎ですが、火にかけると柔らかくなります。

 (3)
味見をしてみる。
甘さが欲しい時は、少量ずつ砂糖を足して好みの甘さにする。
煮立ってるので、やけどに気を付けて。
冷えると甘さが増すので、『ちょっと酸っぱいかなぁ』くらいがおすすめです。
砂糖の量は、材料の30~70%くらいが目安。砂糖の量が多くなるほど、保存が効きます。手作りならではで、砂糖を少なめに、ルバーブの味を楽しんでみてほしいです。
(4)
好みの甘さになったら完成!煮沸消毒した瓶に、ジャムが熱いうちに瓶詰します。
瓶の口のまわりに、ジャムがつかないようにして、蓋をします。
逆さにして冷まして、粗熱が取れたら、冷蔵庫で

 

どんな味?

グラニュー糖は、もう少し少なめにした方が、よさそうです。
初めて、ルバーブジャムを食べた方でも、
『もう少し砂糖が少なくてもいいな。』と…

『どんな味?』と聞かれると返事に困ってしまいますが…
甘くないイチゴジャム?でしょうか?
とにかく、一度たべると、
ルバーブの酸味をもっと味わいたくなります。

ルバーブには、おなかが緩くなりやすい特徴があるので、食べ過ぎに注意ですね。
お肉をたくさん食べる人には、繊維が豊富なルバーブは、向いているそうです。

 

3パターンのルバーブジャム 完成!!

左:ルバーブ赤い部分 中央:ルバーブ緑の部分 右:苺とルバーブ

左:ルバーブ赤い部分 中央:ルバーブ緑の部分 右:苺とルバーブ

 

ルバーブジャム…茎の色で分けて作る

ルバーブの茎の部分だけを洗って、緑の部分と赤い部分とを、
別々に作ってみました。

色別に分けて作る方がきれいな色のジャムができます。

たくさんあると、一度に作りきれないので、タッパーにいれて、冷凍庫で保存しておきます。

ルバーブジャム(冷凍しておいたものの場合)

ルバーブジャム(冷凍もの)
緑色の部分のルバーブを、2cm位の長さに切って、冷凍しておく。
冷凍庫から、凍ったままのルバーブを取り出す。
ルバーブの重さを量る。
半量の砂糖を用意する。
ステンレスの鍋に、ルバーブと半量の砂糖をまぶして、置いておく。
写真は、砂糖をからめて、一晩、冷蔵庫で置いたもの。
あとは、フレッシュのルバーブジャムを作るときと同じように作っていきます。

ハーブ売り場にて、ルバーブ、ポット苗の販売をしております。売り切れの際は、ご容赦下さいませ。

 

シンプルに、おいしく食べたい

リッツや、クラッカーにのせて食べるのもおいしいけれど…

食パン5枚切りのトーストに
バターをぬって、ルバーブジャムをのせて食べるのがおいしい!!
一番のオススメです!


214 / 214« 先頭...102030...210211212213214

該当する記事はありませんでした。