参考 | 野水仙の群落


「野水仙の群落」
この言葉を目にしたとき無性に見たくなった。
ここは 東京練馬区から車で約5時間弱。
300万本の野水仙が咲くという静岡県伊豆下田の爪木崎。



程よい高低差のある入江内の斜面に水仙は群れ咲いている。
5割程度の開花。
満開時はさぞかしすばらしい光景だろう。
上と下の写真は同じ眺望を視点を変えて撮ったもの。



ここは伊豆半島右下にちょこっと出ている須崎半島の最南端。
徒歩での散策が容易なコンパクトな岬だ。



太平洋らしい紺碧の海が冬を忘れさせてくれる。



大小さまざまな岩礁のあるせいか寄せる波は渦を生み出す箇所もある。



遠い道のりを出迎えてくれた水仙たちは凛と咲き群れていた。
強い海風により一晩で葉がなぎ倒される場合もある。



その日はまずまずの強い風。無風であれば、さぞかし水仙の香りで辺り一帯がおおわれていたことと思う。



ほんの数輪、房咲きのものも咲いていた。



もともとは野生化し群落化していたが
現在は観光客の利用しやすいように
歩道駐車場が整備されている。
水仙もよく手入れされている様子がうかがえる。



花言葉は 自己愛、自尊、神秘 etc。
太陽をこよなく愛し、広い場所ですくすくと毎年花開く。
切花としては その花もちは抜群 香りも豊か。
環境があえば万能の植物。
地中海沿岸原産で室町時代頃以前に
中国から渡来したと言われる水仙であるが
こんなにも日本をイメージさせる花もないと思う。



下記のHPで開花状況掲載中
1月末ごろまで見ごろとのこと
下田市観光協会⇒http://www.shimoda-city.info/image/suisenkaikazu.jpg


♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村

おまけ。海辺らしくイソギク超大株。

キイチゴ。赤軸の枝が大変美しい姿を魅せる

ツワブキ。

これからの季節、ツバキが待ちかまえている。