激レア|タイダイ入荷|&『趣味の園芸』プレゼント


激レアクレマチス・タイダイ。
その名の意味は異国の言葉で
絞り染めを意味しているという。
敷地内で夏の暑さをものともせず
咲き続けている姿には驚くばかり。
涼やかな絞りに目が釘付け。
現在販売分はないので入荷が待ち遠しい。 10985414_464506447055456_8458230356887787446_n昨年2015年8月22日OF-Facebookより

待った! 待った! 待ちました!! やぁぁっと! チビッコ苗 数株入荷! ・・・初登場初入荷が2014年にほんの数株。即完売。うち一株をパフォーマンスをみるために敷地内に植栽しました。上の写真は昨年8月22日撮影です!?・・・そう!夏真っ只中なのにこの咲き乱れよう。真夏は一休みする植物が多い中、驚愕のパフォーマンスを見せつけてくれました。下は5月ごろの撮影(ピンボケ・・汗)OLYMPUS DIGITAL CAMERA 花の絞りにも個体差が出るようです。クレマチス育てている方にはちょっとヤボな言い方ですが・・・特にこのタイダイ一輪一輪が壮絶に美しい・・・。そして花をつけている時間が長い・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA開花は6~7月。つるは3~4m。日向の庭植え鉢植えにもむきます。今回入荷苗は下の写真くらいチビっコ苗。 新枝咲きなので、あまたあるクレマチスの中でも初心者の方にも安心、イチオシ品種ですね!OLYMPUS DIGITAL CAMERA6~7苗しかないようです。次回入荷は未定。 昨年5月にクラブツーリズム・バラ見学のバスツアー参加でオザキに立ち寄られた方々に、せっかくなので花をひとつ手折って帰りの車内にプレゼント。最初に披露した時、そのめずらしい花に車内から、わああ!っと歓声があがるほどでした。クレマチスに目がない人はすぐにでも!欲しい!!  目的来店される方は必ず事前に在庫確認お願いします。完売の場合、後報告になりますが、ここに記載いたします。参考⇒OF本サイト内紹介ページ 

今発売中の『NHK趣味の園芸』3月号。春に向けて参考になる記事目白押し号!特集のひとつ「園芸店が教える春の花演出テクニック」にて、巻頭にどーん!と・・・。どーんと・・・。とこんなことは、まずないと思いますので(笑)この号は南アフリカの花、ユーホルビア、日陰で使いたい植物、などの特集を組んでいて見所満載すぎ!超保管版!特におすすめ!手元にほしい一冊です。

0001

 

 

※クレマチス・タイダイは数は少ないため、必ず在庫確認、お取り置きの相談などをした上でご来店ください。

1階ガーデニングゾーン

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|クレマチスの丘


アカシアとクレマチスの饗宴。輝くライムグリーンとダークパープルのコントラスト。

ここは東京都心からおよそ2時間半。富士山麓 静岡県長泉町のなだらかな丘陵地にある「クレマチスの丘」。エントランスにはいくつもの大きなスクエアコンテナに植えられたクレマチスたちが、お出迎え。なんの植物にでも応用したい篠竹をナチュラルに組むオベリスクにつるを巻いているその姿はコンテナ栽培の超お手本となる植え方。根をいじられるのを嫌うクエマチス。複数植えのコンテナの中は、移植に備え、株ごとに仕切りもされている。

クレマチスの花びらのように見える部分、クリスマスローズ同様、じつは「ガク」。下の写真「アルバ ラグジュリアンス」が見事に咲いている・・。この姿は「花」と思われるところが「ガク」である・・ということが、本当であることを ちょっと彷彿とさせる。

と語るのは このクレマチスガーデンを管理するガーデナー、渡辺顕太郎さん。

クレマチスの話に触れるとき かかせない テッセン。今ではずいぶん数が少なくなってきている。ここでもちょうど満開を迎えていた。

約8000坪のガーデンに約200品種2000株以上のクレマチスが植えられている。日向はもちろん、半日陰の立地でこんなに花が咲くのかと驚く植栽環境の良い見本がたくさん。クレマチスの足元に広がる斑入り岩三つ葉は日陰を明るく彩る。


6月中旬・・・。もうクレマチスは咲いていないと思っていたら・・・「遅咲き」の品種たちが満開を迎えていた。ガブリエル/ジャックマニー/ロマンティカ/ヨルマ/パープレア・プレナ・エレガンス/クリオネ・・・。奥の敷地には3mはあろう大型オベリスクが何十本と並び それぞれに2-3品種植栽、下草も植わっていた。

こののびのびと枝を伸ばす くすの木にナチュラルに寄り添うクレマチス。一見 木が心配になるが 落葉性のクレマチスを選ぶことで、冬には、幹に陽があたる配慮をしているんだそう。

散策にちょうど良い・・また・・自宅にとっても参考になるサイズ感のノットガーデン近く。

クレマチスガーデンの芝生はよく手入れされ、大株にのびのび育っている宿根草にも目をみはる。

ロマンティカ。

このクレマチスの丘には「ヴァンジ彫刻庭園美術館」も併設されている。イタリアを代表する具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの 世界で唯一の個人美術館。2002年開館。ガーデンの風景にしっくりなじむリアルに遠くない彫刻たちが不思議に穏やかな空間を生む。


はっきりとしたカラーをまとったコニファーの絶妙配色。


「芝もぜんぜん手入れが追いつきません・・」という渡辺さんと別かれる。手入れ不足!?とんでもない!?。美しいラインを奏でる芝生の中を去るその背中にお礼を述べた。

敷地内の食事処では クレマチス一輪。

美術館と同時に開園したクレマチスガーデン。そもそもなぜクレマチス?・・・苗の全国生産の60%をこの地で担っているからだそうだ。
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


激レアクレマチス|タイダイ


入手が難しいクレマチス 激レア品種。チビッコ苗たったの(笑)限定5ポット入荷2980円。アメリカの品種「タイダイ」。タイランドの絞り染めを意味する名前です。クレマチス・ジャーマニーからの育成選抜個体で大輪咲き。今までにないクレマチスの花。

開花は6~7月。つるは3~4m。日向の庭植え鉢植えにもむきます。
1階草花コーナー


参考|国際バラとガーデニングショウ


西武ドーム。今回で15回を迎える国際バラとガーデニングショウ。
月曜日の午前中にもかかわらず、満員電車並みの来場者であふれています。

豪華に咲き誇るバラが出迎えてくれます。ネタばれしすぎない程度に少々のぞいてみたいと思います。

この日のイベントのひとつ。ターシャ・テューダーさんの長男セスさんの奥様、画家で人形作家のマージョリーさんのトークショー。ターシャさんの信念、かかわり、想いなどをお話していらっしゃいました。

今回のテーマガーデンのひとつ「ターシャ・テューダー素足の庭」をデザインした神田氏も最後に登場。その庭でつんだお花をプレゼント。

そのお庭の一部です。

ターシャさんが愛用していた長靴や

荷車などが実際に展示されています。

こちらはもうひとつのテーマガーデン「ティンティンハルガーデン」。展示箇所は常に人に覆われ、最前列にはいっていかないとまったく見えない状態。すごかったです・・・

★ローズアベニュー★
作出された国(ブランド)ごとに展示され、品種ものが皆満開..。圧巻。香り高い品種ばかりのフレンチローズの一角は、バラの香りに満ちていました。

日本のコーナーでは、こんなきれいな色のバラも。「わかな」。咲きすすむと中心が白く外側が薄い黄緑・・・。ピエール・ドゥ・ロンサールの色違いの配色イメージ・・というほうがピンとくるでしょうか。

NHK趣味の園芸講師でおなじみの小山内氏も普通にいらっしゃって、来場者、ファンの方に笑顔でサイン。ケイ山田さんも見かけました。このイベントは園芸界でおなじみの先生たちがたくさんいらっしゃいますよね~♪

★切花部門★大賞

★盆栽★

★ハンギング★ 大型のものがおおいですね~

★コンテストガーデン★今年は水とライトを組み込んだブースが多くみられます。

クレマチスナーセリーさんの店頭では、クレマチスの花がぜいたくにつまれ、ナチュラルに束ね、飾られていました。

会場は、何万というバラに覆われ、人の熱気につつまれています。午前は意外に混んでますので、昼すぎをねらっていくとちょっと安心して見れます。
でも最終日は閉幕直前が違う熱気につつまれますのでご注意を^^
 以上わざとちょい見せレポートでした♪ 当店1階バラ売場も満開直前です♪♪♪