夏の寄せ植え。

夏の寄せ植え。夏だからこその真紅の花が主役の寄せ植え。元気がでます。
ニューサイラン/インパチェンス/オレガノ/カルーナ/セイロンランティア。

西日があたらない場所で長く楽しめそうな一鉢。
1階草花コーナー。


超巨大輪のユリ|ポーラ群生

お店から新青梅街道沿い西に約1-2k下った場所にユリの巨大輪ポーラが無数に豪華に咲き誇っている場所があります。「コメダ珈琲保谷店」。皆さんご存知でしたか? ここの植栽はオーナーさんのこだわりで素敵な樹木・草花にあふれたガーデンになっています。秋には当店で販売されていた球根を植えてくれたそうです。鉄砲百合とオリエンタルの交配によって生まれた超巨大輪種のポーラ。あのカサブランカの上をいくユリです。草丈約1mのところで大きく花を広げています。まさに今日明日が見ごろ。

特に必見は、敷地北側の富士街道沿い側。ちょうど良い樹高でお手入れされているシラカシのグリーンとのコントラストは本当に美しく必見です。

お店では球根の状態ばかりを見るスタッフもこの光景に心ふるえるものがありました。ここまで大切に育てていただいたことに感謝いたします! そして今年もこの球根販売予定です!!入荷は10月中旬予定。♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦宿根草コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


ジューンベリー 6月の実

シンボルツリーとして人気のジューンベリー。

白い花が咲き、新緑、紅葉も美しく、
6月のはじめ頃に成る実が食べられます。

鉢植えで育てて収穫した
ジューンベリーの実で
ジャムを作りました。



〈フローズンヨーグルト〉

ジューンベリーのジャムを使って、アレンジデザート。

ジャムをパン、ヨーグルトや、
アイスクリームに添えても
美味しいのですが、
種のつぶつぶした食感が気になったので、
ジャムとヨーグルトを和えて、
冷やし固めました。

器に盛ったら、ミントを添えて。

ミントの定番は、
スペアミントや、ペパーミントですが、
オレンジミントやレモンミント、バナナミントなどを添えるのも、
よい香りでおすすめです。

さは、まずは、実が成り始めたら、袋かけをしましょう。

果樹用の袋や、防鳥ネットを掛けて、収穫を待ちます。

収穫したら、洗って、水気をとります。

実の重さを計り、
ジューンベリーの重さの、
1~3割りの重さの砂糖で煮詰めます。

少量の場合は、煮詰め過ぎずに、ソースにしたり、電子レンジで過熱する方法もあります。

種のつぶつぶが、気になる方は、軽く火にかけたあとで裏ごし、また鍋に戻して煮詰めます。


〈ヨーグルト、
ジューンベリーのジャムとミントを添えて〉





♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


アルスロポディウム カプチーノの花。

先日このブログで紹介したアルスロポディウム カプチーノ。スモーキーなオーナメンタルグラス。(この文字をクリック)

3mm程度の小さな小さな花をつけました。

あまりにやさしすぎる花姿にスタッフもうっとり。
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦宿根草コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


ベロニカ|サルビア|エキナセアは満開

ベロニカレッドフォックス。Veronica spicata 'Red Fox'。トラノオの仲間・・。主な原産地はヨーロッパ。ゴマノハグサ科の耐寒性多年草。 低くしげる葉に約20cmほどの長い花穂をすらっとあげる。寒さ・暑さに強く丈夫。花がたくさん咲くような場所では、この縦のラインがとってもポイントになりおすすめです。

その他のベロニカ。ベロニカ・ロンギフォリア・ピンクシェード/ベロニカ・ロンギフォリア・アルバ/ベロニカ・ロンギフォリア・ブルーシェード。
続いてサルビア・ネモローサブルー。Salvia Nemorosa Dimension Blue。ヨーロッパ原産。シソ科の耐寒性多年草。とても育て易いサルビア。毎年6~10月頃にかけ、明るいブルーの花を立ち上げます。開花した時の草丈約40-60cm。夏は一度きりもどしを行えば秋に再び花を見せてくれる。西日をさけられる日当たりで乾燥気味に管理を。ローズ色もあります。

黒の花が魅惑的なサルビア・ディスコロール。Salvia discolor。こちらは耐寒性が弱めでなので冬越しは難しいかもしれません。

そして宿根草売場。エキナセアが超満開! 販売株ですが、エキナセアガーデンと化しています。ちょっとそれだけでも必見です。

1階宿根草コーナー。
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦宿根草コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|クレマチスの丘

アカシアとクレマチスの饗宴。輝くライムグリーンとダークパープルのコントラスト。

ここは東京都心からおよそ2時間半。富士山麓 静岡県長泉町のなだらかな丘陵地にある「クレマチスの丘」。エントランスにはいくつもの大きなスクエアコンテナに植えられたクレマチスたちが、お出迎え。なんの植物にでも応用したい篠竹をナチュラルに組むオベリスクにつるを巻いているその姿はコンテナ栽培の超お手本となる植え方。根をいじられるのを嫌うクエマチス。複数植えのコンテナの中は、移植に備え、株ごとに仕切りもされている。

クレマチスの花びらのように見える部分、クリスマスローズ同様、じつは「ガク」。下の写真「アルバ ラグジュリアンス」が見事に咲いている・・。この姿は「花」と思われるところが「ガク」である・・ということが、本当であることを ちょっと彷彿とさせる。

と語るのは このクレマチスガーデンを管理するガーデナー、渡辺顕太郎さん。

クレマチスの話に触れるとき かかせない テッセン。今ではずいぶん数が少なくなってきている。ここでもちょうど満開を迎えていた。

約8000坪のガーデンに約200品種2000株以上のクレマチスが植えられている。日向はもちろん、半日陰の立地でこんなに花が咲くのかと驚く植栽環境の良い見本がたくさん。クレマチスの足元に広がる斑入り岩三つ葉は日陰を明るく彩る。


6月中旬・・・。もうクレマチスは咲いていないと思っていたら・・・「遅咲き」の品種たちが満開を迎えていた。ガブリエル/ジャックマニー/ロマンティカ/ヨルマ/パープレア・プレナ・エレガンス/クリオネ・・・。奥の敷地には3mはあろう大型オベリスクが何十本と並び それぞれに2-3品種植栽、下草も植わっていた。

こののびのびと枝を伸ばす くすの木にナチュラルに寄り添うクレマチス。一見 木が心配になるが 落葉性のクレマチスを選ぶことで、冬には、幹に陽があたる配慮をしているんだそう。

散策にちょうど良い・・また・・自宅にとっても参考になるサイズ感のノットガーデン近く。

クレマチスガーデンの芝生はよく手入れされ、大株にのびのび育っている宿根草にも目をみはる。

ロマンティカ。

このクレマチスの丘には「ヴァンジ彫刻庭園美術館」も併設されている。イタリアを代表する具象彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジの 世界で唯一の個人美術館。2002年開館。ガーデンの風景にしっくりなじむリアルに遠くない彫刻たちが不思議に穏やかな空間を生む。


はっきりとしたカラーをまとったコニファーの絶妙配色。


「芝もぜんぜん手入れが追いつきません・・」という渡辺さんと別かれる。手入れ不足!?とんでもない!?。美しいラインを奏でる芝生の中を去るその背中にお礼を述べた。

敷地内の食事処では クレマチス一輪。

美術館と同時に開園したクレマチスガーデン。そもそもなぜクレマチス?・・・苗の全国生産の60%をこの地で担っているからだそうだ。
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


初入荷|スモーキーカラーダブルペチュニア

先日紹介した黒のダブルペチュニア。カラー違い。ペチュニア ジュリエット イエローベージュ。すごく絶妙なニュアンスの色。配色にすごく腕が問われそう・・・と違う意味でスタッフみんなで盛り上がってしまいました。

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦この植物たちをいいなって感じた方、下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


担当おすすめ。美植物。

アストランチア ルビー・ウェディング。Astrantia major `Ruby Wedding` 欧米でゆるがない人気を誇るヨーロッパ原産のアストランチア。

ためいきがでるような美しく繊細な花の造作。

冬落葉する宿根草。草丈約60cmほど。タネの発芽や栽培に時間がかかるので流通がすくないので探している方は必見でしょうか・・・今日現在「ルビーウェディング」は完売。

ロータス・ベルテロティー。Lotus berthelotii。カナリア諸島原産の耐寒性多年草。

花径3~4㎝ほどの炎のような花は その形から オウムのくちばし などと呼ばれるんだとか。

高温多湿に弱いので、夏は半日陰の通風のよい場所に置き、冬は室内で管理してください。ん~繊細!

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦この植物たちをいいなって感じた方、下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


スワインソナ ガレギフォリア|Swainsona galegifolia

スワインソナ ガレギフォリア(Swainsona galegifolia) マメ 科の白い花が咲く宿根草。小さい涼しげな葉。



マメ科らしい花がさらに涼やかさを広げます



ちょっと欲しくなっちゃいますね・・



1階草花コーナー
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦この植物たちをいいなって感じた方、下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


担当おすすめ|ファラリス|リキシマキア|スマイリープー

ファラリス カナリエンシス。Phalaris canaryensis。いきなりですが売り切れです(泣)。

チカラシバの仲間・房状の穂・薄黄桃色の小穂。植物の造形美を感じさせてくれます。

この透明感この色合い・・このあと淡褐色に変化するようですが・・・いかに。

リキシマキア・ユンナエンシス。Lysimachia yunnanensis。茶花のような楚々としたやさしいやさしいたたずまい。サクラソウ科の耐寒性多年草。日向~半日陰向き。

ひとつの花は約2-3mmとちいさく、つぼみもかわいい。

花は6月穂状に上がり50-70cmほどになります。

とってもかわいいポンポン咲きのクリソセファラム スマイリープー。 Chrysocephalum Smiley Pooh。イエローボタンの別名をもつキク科の耐寒性多年草。(一年草)

50-60cmほどの丈で黄色い愛らしい花を5-9月開花させる。

もちろん見たままのシルバーリーフも大の魅力。当店では売り切れです。

1階草花コーナー
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦この植物たちをいいなって感じた方、下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村