2019|総合contents|2

全体的にシーズンオフの園芸業界 裏は熱いんです。Basic RGB

2019.2.15~.クリスマスローズの世界展 レポート。初日はネタばれ最小限^^ ピエラ!来ます!Basic RGB

2019.2.15~.レポート。こちらも初日はネタばれ最小限です^^Basic RGB


参考|世界らん展2019

2019年2月15日 世界らん展スタート。開会式・内覧式で幕をあけます。本ページでは、前半なので概要程度、ご紹介します。OLYMPUS DIGITAL CAMERA開会式では、展示の部門ごとの最優秀賞者の表彰が行われテープカットセレモニーを経て。OLYMPUS DIGITAL CAMERAそのまま内覧会へと突入。オーキッドゲート2019。引いた構図だとなかなか分かりませんが、ランの花が、装飾には何万輪と使用されていると思います。OLYMPUS DIGITAL CAMERA会場中央へと導くシンボルロードに個別出品部門トロフィー賞をとった受賞株たち。その中央に構えるシンボルツリーはなんと、トキワマンサク、だそうです。こんなでっかいトキワマンサク、本当にはじめて見ました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA葉をみると、確かに。。。OLYMPUS DIGITAL CAMERAシンボルツリーの下=会場中央に、個別部門の頂点、日本大賞株が展示。毎年の光景ですが人だかり。OLYMPUS DIGITAL CAMERA内覧会とはいえ、すごい人数が訪れていますが、制服を着た学生がチラホラいるのが、この世界らん展では結構目立ちます。写真は、岐阜県内の農業高校一年生。授業の一環だそうです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAシンボルモニュメント下の奥側に、「イロトリドリの世界」春満開の世界です。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらを指揮するのが竹谷仁志(たけたに・ひとし)氏。実は彼が、先日オザキの植木場にできた英国式石積・ファイヤーピットのもうひとりの創造主。先日はありがとうございました!OLYMPUS DIGITAL CAMERA昨年春にオザキに撮影で立ち寄ったIKKOさんのブース。その時、着ていた着物が展示されている気が。。。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらも近年恒例の秘密のお部屋。食虫植物と神秘的な花々。ネペンテス オンパレードです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA熱心に撮影されている先には、世界初公開となる「光るシクラメン」。深海に生息するプランクトンから発見された遺伝子情報を導入した花、本当に光ってます。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの規模ならではでしょうか。デジタルと花のコラボブース。OLYMPUS DIGITAL CAMERAJapan Botanical Style。蘭とBONSAI。ここの盆栽は圧巻でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERAディスプレイ部門。特にプロ集団が組み上げたブースは、デザイン的、技術的完成度かなり高いです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAハンギングバスケット部門。蘭のハンギングって?と割と皆さんピンとこないけど、豪華絢爛。へえ!という感じで見入っています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA沖縄美ら海水族館 大型水槽展示。毎年大人気。OLYMPUS DIGITAL CAMERA販売コーナーには、洋ラン販売は、もちろん、今回は、植物に特化したアプリ「Green Snap」さんが軸のマルシェコーナーやOLYMPUS DIGITAL CAMERAThe Farm さん。OLYMPUS DIGITAL CAMERA日比谷花壇さん。など大手の販売店も参加。業界一丸となってますね。OLYMPUS DIGITAL CAMERA日比谷花壇さんは、オリジナルスイーツを作っているの、皆さん知ってましたか?OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして3月最後の土日30日31日は、オザキ店頭での洋ランに特化したイベント開催。ドームでは、ただただ、洋ランに圧倒され見学、販売コーナーでは大混雑で、しっかり話ができないまま洋ランを買ってしまった、など、大きすぎるイベントならではの悩みを、ココで受けとめます!生産者直販では、生産者さんとの密接なトークを楽しめ、2日間、他ではなかなか開催されないテーマぎりのスペシャリストによる無料講習会(要予約)が開催されます。詳しくは下記バナーをクリック。eve04

世界らん展 詳細は 2月15日~2月22日、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA東京ドームから約30分ほどの移動で、池袋サンシャイン、クリスマスローズ展も。2月17日(日)まで。Basic RGB


参考|住友化学園芸講習 |バラの家|木村卓功氏

いわゆる園芸オフシーズン中、1~2月は、展示会や、業界内の勉強会などが開かれたりしていますが、今日は、ホームセンターや、私たち園芸専門店を対象に、大手園芸資材メーカーの住友化学園芸さん主催の勉強会が、東京・品川で開催されました。この回は、かなり大掛かりで全国からざっと300名近く参加しているように見うけられます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA会場には、この春イチオシの新商品を中心に紹介商品がずらり。参加者とメーカーが意見交換を行っています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA””住友化学園芸は今年創業50周年を向かえ、「ここまではお客様の困りごとに対応する50年」「ここからは未来を予測して対策する商品開発に挑む50年」””と、同社 社長 壇辻氏の挨拶で講習会はスタートしました。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの春、各人各店舗、実際に使用してその感触を体感して欲しいと、参加者には、新商品のサンプルが実際に配られました。そこで得る実感は、お客様皆様とお話する際、とても大切な要素となるわけです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA第一部:有名病害虫・カメムシと灰色カビ病・各1種をピックアップして、徹底紹介。カメムシが、益虫だったり害虫だったり、いろんな種類、姿のものがいるのをまざまざとお勉強。下記写真のチャバネアオカメムシ。名前の通り、きれいな緑と茶色のツートーン。果樹につくのはコレ!寒い冬は、全体的に茶色になり落ち葉と同じ保護色になってるそうです。さすが、薬品開発をしていますので、データは膨大のようです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第二部:スペシャル講師、ということで、これを楽しみに参加した方も多いようです。バラ育種家・木村拓功(きむら・たくのり)氏のお話。木村氏も会場の人の多さに圧倒されながら、貴重なお話をしてくださいました。埼玉で19代続く専業農家の後継者として育ち、6歳の時「野菜」生産が「切りバラ」生産に変わり、家の手伝いと遊びたい盛りとの大きな葛藤、ゆえに「切りバラ」が嫌いになり、でも庭に植えられていたガーデンローズのなんともやわらかな姿に魅了された思い、などを熱く語られます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA19歳で就農。切りバラの世界で名を馳せていた父上から、ヨーロッパに行って来い!と言われ、二週間ヨーロッパをめぐります。ナーセリーはとてもオープン、育種現場なども見せてくれ、単純な自分は「これだったらできる!」と育種を決意。以後、現在46歳まで27年育種家としてここまできています。育種の圃場は約1000坪。扱う品種数は約2000。写真内、ついている札、ほぼすべてが違う品種。品種の多さが自慢です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA交配作業は、涙涙。花が一番きれいな3~5分咲きに花弁をすべて取り払い受粉します。OLYMPUS DIGITAL CAMERAバラの生育と、管理するためにも、何より「土」は大事で、気層を大切に意識したオリジナル培養土もつくりました。埼玉の杉戸でショップでは、人手がないこともあるけれど、生産現場と、販売する人がイコールなのは言葉の重みが違う、と、逆に大切に、強みにしているポイントです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA海外、特にドイツのコルデスの最新品種はバツグンに病気に強く、世界でトップクラス。そんなトップクラスのバラに並びたい、バラの育種の世界で一番になりたい、と日々育種に励んでいます。世界各国のナーセリーもめぐり情報交換。あれ?右端は有島先生ですね!OLYMPUS DIGITAL CAMERA埼玉県のショップやWEBショップなどの苦労話なども、そのままお話くださり、とても勉強になる回でした。バラ専門のショップは関東圏でもいくつかありますが、ぜひ行ってみたいお店のひとつです。ちなみに、オザキのバラ売場も今年は、オールドローズラインナップがかなり厚くなり(これはこれで後ほどプチ特集掲載予定~)、イングリッシュローズ、やっと入荷しました。お待たせしました~。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第三部:新商品紹介。家庭に一本。ベニカXスプレーが、まるでシャンプーボトルのようにおしゃれに落ち着いたダークレッドに透かし模様まではいり、メイン商品名をかなり小さく、目的を大きく表示。デザイナー目線でなかなかの賛辞にあたいする思いきったパッケージです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAシュっとした先の水滴がコロコロはじかれていたのが、びだーーーっと粘着質にしっかりかかる、、、など、いろんな、、、映像を(笑)、、、見せてもらいながら、これは、以前より、なおのこと、手元に一本おきたいなと思う内容でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

などなど、オフタイムに園芸病害虫の再復習、オザキスタッフも数名参加しましたので、ぜひ春は頼ってくださいね。


2019|総合contents。

■現在、続々計画中。バナー_イベント

■2Fミニ多肉は奥のドーム温室進んで右手に移動しました。バナー_2F

■1Fイチオシの花を少し紹介。バナー_1F


参考|江戸の園芸熱

海外の人を大勢迎えることになる東京オリンピックまであと一年半。皆さんも日本の文化をより意識するようになってきたのではないでしょうか。そんな中、東京墨田区スカイツリーの足元近くにある「たばこと塩の博物館」の特別企画展で、1月31日~3月10日まで、「江戸の園芸熱」浮世絵に見る庶民の草花愛 が開催されています。bb101会場内は 4つのテーマで構成され、約200点の浮世絵を中心に展示。ほーんの少しですが、ちょこっと覗いてみましょう!bb102 序章の展示では、18世紀、八代将軍吉宗の植樹政策もあり、江戸近郊に桜並木が一気に増え、人々の間で花を見に行くことが日常となっている様子が見れます。bb103桜のお花見。時代は変わっても 日本の春は 同じ光景だったんですね。bb112会場内にはいくつか鉢の展示も。この「鉢」の登場により、人々は、鉢に植物を入れ、自宅の庭に、部屋に、一気に身近に草花を愛でるようになったとのこと。でも鉢がどのタイミングでどのように誕生したのかは、まだまだ不明だそうです。bb106第一、二章付近。第一章では「身の回りの園芸」として、何気ない日常の中に園芸が身近にある様子が描かれた浮世絵を展示。bb104「当世葉唄合」(1859年)。女性が手に持つのは、春の七草の寄せ植え。春の七草をひとつに集めて植え、札をつけるスタイルが、江戸の町でとても流行っていたという。オザキでも毎年販売しているわけですが、良いもののはすたれない、、、ということを実感。bb108「植木売りと役者」。江戸時代、店を持たない商人がたくさんおり、町で売り歩いたり、縁日や盛り場で、植木売りが店を広げ、棚に並べて売っていた様子が描かれています。全部、見慣れた植物なのが見てとれます。bb110 実用的な浮世絵として「おもちゃ絵」というのが数枚展示されています。「鉢植えづくし」「箱庭づくし」など。これが、緻密で、身近で興味深い。この写真の絵はまた一風変わっています、「草花のはんし物」(1849~52年)。この頃、絵で解くクイズが大流行、例えば右端の男性の絵の答えは「しのぶ」だそうです(笑々)。bb109第二章は、「見に行く花々」。 写真右手前の絵、なんとなくでも見たことある方、多いのではないでしょうか?「百種接分菊」、、、つまりは、、、一株に100品種を接木した、、、ということらしいのですが、、、え~本当なのでしょうか!?(汗)。この絵のように、家で見るだけではなく、「技」や「植物園」を見に行く文化も生まれました。bb105第三章では「役者と園芸」と題して、歌舞伎役者と園芸の密接な関係が分かる日常の様子や、歌舞伎のお題目の浮世絵を展示。写真は、三代目尾上菊五郎(1784~1849年)が、植木をこよなく愛していたことが分かる私生活を描いた浮世絵。奥の庭にずらっと盆栽が並んでいます(右下が菊五郎)。bb111「隅田川浮世の鏡」(1863年)。右端に朝顔を片手に踊るのは五代目坂東彦三郎演じる「植木屋音松」。役者の園芸熱は、芝居へのこだわりにも色濃く現れたとのこと。bb3011800年代、草木の育種について図入りで制作された当時の文献、いわゆる園芸書。企画展の図録には、数ページ内容が掲載されており、ジョウロ、コテ、ハサミなど当時の道具が、、。bb107江戸時代二度にわたる大ブームとなった変化朝顔の世界も、驚きの変化っぷりを見せてくれます。bb113いかがでしょうか。ほんのわずかな内容の紹介でしたが、とにかく、浮世絵で、植物ギリした展示が200点以上、植物が好きな皆さんに絶対おすすめの展覧会です。この会期中、都内は、楽しい園芸or文化的イベントがありますので、ぜひ、抱き合わせで、一日楽しんではいかがでしょうか?

「江戸の園芸熱」浮世絵に見る庶民の草花愛 2019年1月31日(木)~3月10日(日) たばこと塩の博物館/03-3622-8801(東京都墨田区・駐車場無→周辺有料P有)

★2月3日(日)浅草、浅草寺 東側特設舞台「節分会」14:30~17:15 文化芸能人が大集合での豆まき

★2月15日(金)~17日(日):池袋サンシャイン「クリスマスローズの世界展」

★2月15日(金)~2月22日(金):東京ドームシティ「世界らん展2019」

 


Bulbs Garden 2019 | 春にむけてno.3。

球根約400球が植えられているサンプル花壇。本当は12月にはしようと思っていた作業をやっといまさらですが実行です。それにしても、、、寒すぎる朝夜。ポカポカの昼間。。。そんな日は朝10時までをめどに、植物の水やりを思う存分してみます。たまには、草全体が水を浴び、気持ちよさそう、、bb003大事な作業とは、、、マルチングです。地表を何かで覆うことで、霜柱が立つ、根が凍る、乾きを遅らせる、などが期待できます。今まで、腐葉土や牛ふん(バラの時)などで冬季マルチングを行えば、見ためや効能は良いのだけれど、気温上昇とともに、虫がでる原因となってしまう。OLYMPUS DIGITAL CAMERAバークチップを使用すれば、見た目がよくなっても、退色した際に、きちんと取り除く交換をするしかない。そこでおすすめなのが、再び登場のベラボン。でも、このヤシの繊維であるベラボンだと、たくさんの空気の層を持ち、雪のごとくふわふわのお布団。最後は土に混ぜて良いので無駄がありません。OLYMPUS DIGITAL CAMERAけっこう贅沢にマルチしました。これで根の凍結は免れます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA厳冬期はこれで安心。あとは、、忘れな草入荷をまっています。自分を含め、様々な植物を経験している人ほど、ベラボンの汎用性の広さに常備している人は多いのではないでしょうか? ベラボンはなかなか店頭販売していないそうなので、オザキお立ち寄りの際はお忘れなく。。。2階園芸用品B39番通路。使用のサイズはMサイズチップ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA


原種シクラメン|横山園芸

同時開催・原種シクラメンフェア。12/1:1階店頭FAIR[苗] and  12/1:21時~WEB通販[苗+種](下の赤バナー) 002申込みは下記バナー予約応募フォームより003WEB通販 12/1 21時~・・の当日は大変なことに。。。皆さん達人すぎます。。。初見の方は、種販売、苗も引き続きご覧ください。Print


ポインセチアの世界2018|フェア開催

クリスマスカラーがインパクト大、空間の演出効果に大活躍のポインセチアの入荷がオザキでも少しずつはじまりました。今日は、オザキで毎年たくさんの仕入れをお願いし、これから、約1か月の間、集中的に出荷に追われる「篠園芸」さんを紹介。最後にポインセチアフェアの予告も入ります。bb003埼玉県入間市、茶畑がこんな近くにあるんだな、、と驚く光景の奥に、ハウスが数棟見えてきました。この日は、11月9日金曜日。bb001ハウスの中は真っ赤なポンセチアであふれかえっています。bb002迎えてくれたのは 2代目 篠園芸 篠 孝幸さん。出荷前調整の忙しい中、時間を割いてハウス内を案内してくれました。プロ野球選手かプロレスラーになることを夢見ながら、ポインセチアに囲まれて育ち、学生の頃までは、後を継ぐことは考えていなかったという篠少年。しかしその後、家業に目が行くようになり、大手有名園芸店で販売から営業まで約3年間さまざまな仕事を経験した後、就農、現在に至ります。bb004出荷直前のハウス内には、約6万株のポインセチアが真っ赤な絨毯を広げています。555篠園芸さん、毎年夏までは、全国のポインセチア生産者さんが、夏から栽培生産していく小苗の生産もしていて、その数はなんと 30万苗!666夏以降、篠園芸さんが出荷する苗を生産開始するわけです。・・・ポインセチア、と言えば、昼間の時間が短くなっていくのを感じて、苞葉(ほうよう)と呼ばれるものが、赤く色づく、、という認識、知っている方は知っていると思います。純粋な疑問、、bb005「こんなにたくさんの株の短日処理はどうしているんですか?」と尋ねると、周りが真っ暗だから、何もしない自然のままで、赤く色づいている、とのこと。家の灯りや街灯がないからできる環境、、あたりまえなのにとても意外で驚きでした。そして、、、ここ数年、その色や模様もさまざまな品種が登場し、目を楽しませてくれます。bb006篠園芸の歴史は47年間におよび、篠さんのお父さん 太一さん が 昭和46(1971)年東京中野区から入間市に移住し、シクラメン鉢花の栽培を開始したことにはじまります。昭和48(1973)年、それまで、栽培が大変困難だったポインセチアを、丈夫でとても良い品種をもつ海外のナーセリーから、はじめて導入し、商用栽培を開始した生産者4軒のうちの1軒でした。事務所には、日本ポインセチア界を先進的に開拓したパイオニア4人が描かれたノスタルジー感あふれる線描画が。左下が太一さん。予期せぬ寒さとの戦い、英語の栽培マニュアルだけの中、最初は栽培にとても苦労したそうです。bb007太一さんは、日本ポインセチア協会会長を務め、今では、ポインセチア生産者にとって名誉とされる「ポールエッケジュニア賞」を受賞するなど、数々の品評会で高品質栽培の証である賞を受賞。折れた枝をポンポンと花器に挿しただけで、こんなにもシンプルで印象的なシーンが生まれます。999そのノウハウは、しっかりと息子・孝幸さんに継承されています。「篠園芸のポインセチアは、とにかく品質がいい!」と、オザキ売場担当たちも以前から強く絶賛しています。その特徴は、太く短く引き締まった株。折れることがなかなかないそうです。これが、重要なポイント。bb1001息子 孝幸さんは、確かな栽培技術のもと、常に求めてもらえるものを作り続けたいと、吊り下げ式「フリーダム」でポインセチア全国品評会でベストデザイン賞を受賞したり。bb1003超一流ホテルにも納品される予定の大迫力巨大鉢を仕立て。bb1002様々なニーズにあわせて、高品質の株を仕立て続けています。bb009今年は、その通称「篠ポイン」11/23(金・祝)~12/2(日)にかけて、オザキ2階の売場にて、一人でも多くの方に楽しんでもらいたいとフェアを開催します!入荷は、本当に直前に行いますので、超フレッシュでおすすめの篠ポイン。ぜひご家庭で、ショップで楽しんでください。888下の写真は、昨年前の12月上旬の売場。ここから一気に売場が真っ赤に染まっていきます、クリスマスですね!gg0014-700x512

 


11.16.~冬季営業時間です

営業時間:9時~19時になります


明日夜9時あの番組にあの人が!?

昨年今年と「東京でランと暮らす」をテーマにオザキで開催した洋ランイベントの重要キーパーソン清水氏。明日夜9時の「マツコの知らない世界」後半ネタに登場? 公式ページ(写真クリック)に予告動画がUP中。ちなみに2019年3月最後の土日、第三弾はすでに計画中。 →→前回登場の記事←←

2003

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

1 / 2112345...1020...最後 »