必見。太古の樹木。ジュラシック・ツリー。

大変めずらしい樹木が入荷。ジュラシックツリー。

画面左手の高い木。恐竜時代以前・人類の祖先哺乳類も誕生したばかりの頃、時を同じくして誕生し、2億年の時を超え現代の私たちの前に姿を現した希少樹木。

1994年、オーストラリア・シドニー郊外で野生生物局の保護官が、森林の探索中に、恐竜の尻尾の形をした葉と奇妙な樹肌をもつ樹木を発見。

国立公園内の渓谷の深い谷底で、気の遠くなるような間、誰にも見つかることなく存在し、発見当初は、わずか40本、その後の調査で、100本弱の原木が存在することが確認されたそうです。この絶滅寸前の樹木は、発見後、ただちにハンターや他の植物からの病原菌感染などから守るため、原生地は立ち入り禁止となり、その後、シドニー王立植物園によって保護計画が立案され、原生地での乱獲を防ぐ手段として、あえて「商品化」をおこなわれました。地球上でもっとも、絶滅の危機にある植物のひとつですが、耐寒性耐暑性にすぐれ、戸外・屋内どちらにも対応する育てやすい植物です。

シンボルツリーとして観葉植物コーナーに設置されました。夜はライトアップです。

はるか古代の時代に想いをはせてみませんか?
ぜひ、一度直接見にきてください。
2階コーヒー屋さん前の観賞植物コーナー。

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

参考|クラウンフラワー

展示会にて・・・。クラウン・フラワー(Crown flower)。ガガイモ科カロトロピス属の熱帯性常緑低木。

とってもかわいい硬質なお花で咲いてゆく過程も興味深い。

花の中央部分が冠のようだからこの名前。

レイ にもよく使われる。

栽培条件がいろいろクリアになりつつあるので近い将来、店頭にお目見えするかも!?
(A)2013年10月25日現在店頭では扱っておりません。気になる方は「オザキフラワーパーク」のお問い合わせより「総合情報発信チーム」まで。


防寒服入荷。Dickies(ディッキーズ)も。

防寒服揃いました。アメリカのワークカジュアルブランド・ディッキーズも少量入荷。



この色にトキメくメンズ、多いようす。

じつはワークパンツもちょこっとあるようだ。

ちなみに下のノーブランド防寒ブーツ人気です。

2階園芸資材ゾーン。


防寒対策必需品。ビニール温室。

そろそろ寒いと実感しはじめる季節。人もペットも植物も・・・個体差に合わせて防寒が必要なときがあります。寒さが苦手の植物たちの防寒対策は大丈夫ですか? 自宅で設置できるミニ温室にもいろんなタイプがあります。アルミ枠ガラス製は高価で設置手間はありますが、温度管理や換気機能を追加できるものもあるので、より的確な栽培環境を作れます。その他、店頭販売主流のプラスチックや鉄製枠のビニールカバー組立式は低価格、手軽さがやはり売りです。

ビニールカバータイプ。以前は、ブラスチック枠の太さ、カラー的に存在感抜群で、ベランダや敷地内、室内に設置するには躊躇する方もいたのではないかと思います。最近は下の写真のように、ブラック系メタル枠の棚でモノトーン構成されたインテリア製のあるものもでてきています。

上の写真は 組立式簡易温室フラワーラックは2サイズ展開。FR-1⇒サイズ:縦115×奥行40×幅70センチ。FR-2⇒サイズ:縦150×奥行40×幅70センチ。寒くなって植物が傷んでからでは遅い。この一ヶ月中の購入がおすすめです。  
2階園芸資材zone


参考|永遠の姿オールドローズ。

バラが好き。オールドローズ。イングリッシュローズ。カップ咲きが好き。育てることや一年の育ちを見るのが好き。・・・・こんなかんじでバラを愛してやまない方。造花はもっての他という方。最高級のプリザーブドローズ・AMOROSA(アモローサ)の「オールドローズKABUKI」。これをみたことはありますか? 花は散りゆくからこそいい・・・。もちろんです・・・。しかし、その姿少しでもとどめて、いつも眺めることができたら・・・。ひっそり願望をもちませんか?


このシリーズは、本当にすばらしい。ほれぼれするようなバラの一番美しい姿をしたプリザーブドフラワー。大輪のシックなカップ咲きの花がたった1輪大切に箱にはいっています。自分がもらって嬉しい・・、バラが好きな方へのプレゼントにもそれは喜ばれるでしょう・・・。今年の冬には、香りを放つシリーズも登場予定。



宝石のごとく・・。



展示会で直接目にしたわけですが・・長年、本物を育てていても相当の感動。



別の ブーズでは濃緑のプロザーブドローズ。自然界にない花色でハっとさせられました。


(A)2013年10月15日現在店頭では扱っておりません。気になる方は「オザキフラワーパーク」のお問い合わせより「総合情報発信チーム」まで。


本日は全館休業。明日は開店10時~


参考|秋田県NAMAHAGEダリア。

NAMAHAGE(ナマハゲ)ダリア。カーニバル。
今年初登場した生花用の品種。大迫力でいて壮麗・あでやかなこのダリア。20cmはあろうかという大輪。今年の大田市場での人気投票NO.1。さすが。 秋田県=生花ダリア生産というイメージを強くもってほしいと、展示会に出展。花のちから。たくさんの出展者ブースの中、強く目を惹きました。生産者さんと一緒に写る「カーニバル」の他、上段右「NAMAHAGEキュート」上段左「NAMAHAGEハピネッツ」下段左「パープル」。とにかく、美しいの一言。

こんなように、展示会には最新の品種が発表され直接見ることができます。香川県からきたマム(菊)もめずらしい色・形であふれています。ここまでくると「菊」という言葉のイメージは払拭されました感があります。


(A)2013年10月14日現在店頭では扱っておりません。気になる方は「オザキフラワーパーク」のお問い合わせより「総合情報発信チーム」まで。


参考|光花|プリザーブド

展示会にいたこの物体。

生花アレンジの中心に・・

プリザーブドフラワーで創られたインテリア照明に・・・

LED。熱くならない光源は表現の幅を広げてくれます。
(A)2013年10月11日現在店頭では扱っておりません。気になる方は「オザキフラワーパーク」のお問い合わせより「総合情報発信チーム」まで。


今日は庭園散策おすすめ都民の日。

10月1日。今日は都民の日。私立をのぞく都内おおむねの小・中・高校の学校がお休みです。井の頭自然文化園、旧古河庭園をはじめとする東京都が管理する庭園なども無料公開となります。本日無料公開となる博物館・美術館・庭園等の一覧は下記URLに記載されています。お時間のある方はぜひ折り畳み傘をもって秋の自然を満喫しましょう。 http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2013/08/21n8m200.htm

ところで・・・上の都のシンボルマーク。都の木である「いちょう」を図案化したもの・・でることはある程度の方が認識していると思います。平成元年に選定されたこのマークにはもうひとつ意味があって東京都の頭文字「T」の意味を中央に秘めていること。と・・プチプチトリビア(へえ!)でした。


参考|新作ペチュニア編|M&B Flora

今年で8回目を迎えるフラワートライアル2013が長野県を中心に今日までの3日間 開催されていました。このイベントは、メーカーや生産者が集い新作品種を発表する・・などの場となっており園芸業界の関係者が大勢この地にやってきます。会場に当店バイヤーが行ってきましたので、ちょっと先取り情報をいただきましょう。

栄養系ペチュニア。「5つ星コレクション」。草丈は高くならず這性。特に脇枝の伸びが強いので草幅がでます。定植後、梅雨時後、盛夏の盆明けにかけても開花がとまることなく持続!という期待のシリーズ。色もまた今までにない濃厚な配色のものも出てきました。⇒ブルースターダスト、チャチーンチェリー、ローズスターダスト、ファントム、ピンストライプ。特に写真右のローズスターダスト、目をひきつけて素敵でした。

他にもアンティーク感たっぷりの色が素敵なプレミアムコレクションが目を引きます。
↓★NEW★プレミアムコレクション ‘カプチーノ‘ バイヤー皆一押し!

↓★NEW★プレミアムコレクション ‘ビンテージローズ‘

↓プレミアムコレクション ‘ホワイトレッドベイン‘

↓プレミアムコレクション ‘ラベンダースター‘

↓ビビニシリーズ ‘ダブルホワイトベイン‘ 怪しくて素敵・・

一部オーダーをしていました。来年の春を楽しみにお待ちください。

オーダー中の様子がチラッとこちらに。