参考|今夜8時~オモトが主役?NHK時代劇

今夜8時~NHK総合 木曜時代劇「まんまこと」第2回目は、植物のオモト(万年青)が話題の中心という興味深い内容のよう。徳川家康の頃から日本人に縁のあるオモト。この江戸時代の人々との関わり方がしっかりと感じとれそうな回。その植物がもつ魅力・背景を知ってさらに育てたり・・・。植物好きの醍醐味。番組紹介⇒コチラ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

参考|国際バラとガーデニングショウ2015

今年も12日よりSTART!! 西武プリンスドーム。今回で17回を迎える国際バラとガーデニングショウ。[5/17最終日・3回目の最終更新終了]
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入り口付近にはレッドカーペット?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エントランスに創られたローズアベニューは赤いバラたちで彩られています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
会場には、あこがれの園芸研究家、バラの講師陣、ガーデナーが贅沢に普通にいらっしゃいます。さっそく!ここの赤バラたちをコーディネートした大野耕生さんに遭遇o(`ω´ )o!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ふと、ある店先(コーナー)で、花をつかみ、どんどん、束ねていく男性が、、、どんどん人だかりもでき、、、。フランス出身のフラワーアーティスト・ローランさんだ!あっという間に、超!かわいいブーケの完成!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらは日本ばら切花協会による「香りのパレット」コーナー。こんなにも香りに種類がある!とはっきり思える驚きをもらえます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
盆栽コーナー。なぜかリトルアーティストというミニバラ(下写真右)の採用率が高かったです、と、雑談はさておき、バラ×ボンサイ。新鮮で、まだまだ表現の幅の可能性を感じます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして!下はあるコーナーの脇角度。今回WEB担イチオシスポット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
吉谷桂子さんのコーナー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アンデルセン物語の庭。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アンデルセン童話の中から、それぞれにテーマカラーを持たせた7つの物語。植物の色、配置、絶品!とにかく美しすぎて飽きません。写真右上の木は 斑入ヤマボウシかな?今回の会場にはかなり多様されていますね!(当店2~3年前から、在庫しているときはしているんですよ~ふふふ。中段右の白花、会場中大多様のオルラヤも、開花株13日現在は店頭にて販売しています~)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サルピグロシス、ライスフラワー、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヤマアジサイ、フッキソウ、極一般的な植物が魔法にかかったように輝きを増しています!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
奥にひっそりいるのは あの女王。美しすぎる光景です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「人魚姫」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「赤い靴」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下の写真にも、1つの物語が隠れています。見つけられますか? 「おやゆび姫」画面中央より左に注目。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
開催前日撮影なので、メディア取材陣もしっかり、あちこちを撮影中。 ここは「風のガーデン」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なので上野砂由紀さん~。遠路、北海道からようこそ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その流れで、密かにおすすめスポット。風のガーデン裏手にイングリッシュローズが群れて咲いている一画あり。コロコロ優雅でたまりません。ERはじめたい方は必見ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガーデン展示も個性豊かに。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
-凛と咲く-女性たちへ贈る庭
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
季(とき)、ときめいて  足元の草花にも緻密に心配りを感じます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
森からの招待状
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大人のかくれが
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハンギング作品も年々大型に。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
土台も大型でオリジナルですよね? 皆さんすばらしい(((o(*゚▽゚*)o)))
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あ!はじめまして!木村卓功さんもいました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もちろん!もちろんこの方も! 見逃しません!小山内さん!ご無沙汰しております!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな調子で、他の方々も会場のどこかにいるはずです^ ^、さて。下の写真は? 今回大賞作品「シツラエ」風車で自家発電の暮らし。でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
たくさんのバラにあふれるこの祭典。来年も行ける人はぜひ行きましょう!少ないながらの経験ですが、本当のOPEN直後か午後ゆっくりのほうが若干すいてるのかな~! そして、西武池袋線でお越しの方、「大泉学園駅」下車南口発「吉祥寺駅行」バス、「関町四丁目」バス停下車、徒歩10分でオザキです(40分位)。バラ苗も豊富に販売していますが、一緒に宿根草、草花、なにより、首都圏最大級の植物の品ぞろえを見てみませんか?

会場でみかけた植物たちもまあまあお店にいますよ~♪ ついでに紹介します。在庫は常に動きますので、必ず欲しいと思ってご来店の方は、事前に電話にてお問合せくださいますようお願いします。
★うわさの斑入ヤマボウシ・ウルフアイ(担当:植木場)。白斑です。ちょうど庭植えにちょうど良いボリュームの本株立テイスト2m以上! 場が華やぎます、これはおすすめですよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像では表現しきれていませんが、花(愕)は白~ライムグリーンとさわやかできれいです! 他にもヤマボウシいろんなタイプがいます。黄斑入なんていうのもありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(以下、草花担当)左)ジキタリス・イルミネーションフレイム。ジキタリス×イソプレクシスの交配で生まれた最新品種。昨年位から出回りはじめました。当店には15日現在3株のみ。右)オルラヤ。こちらもすでにかなりかなりのヘビーユース度。こぼれ種でよく増えるし、脇役にも主役にもなれるので大変人気。開花株が買えるのは今だけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サルピグロシス。ベチュニアの仲間一年草。草丈40-60cm程度のほどよい高さ。雨で花びらが傷みやすいので、雨のあたらない場所に群植してみたいですね
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちなみにこんな素敵な色もあります
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


雑誌『Discover Japan』撮影。発売。

日本の魅力を再発見するmagazine『Discover Japan』(枻(えい)出版社)。5月7日発売の特集は 草花生活---日常を潤すBotanical Life---。柄本 佑(たすく)氏×Botanical Life。見開きゼントツで! よく当店ご利用いただく方には「ああ!あの場所、あの角度」となるのでは。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
konn新鮮なビジュアル。海外の方×盆栽。新しい生け花の形。を中心に特集がくまれています。日常に豊かにする草花生活をテーマにしたマガジン。これを機会に手にしたい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
数日後、当店にも入荷予定。2階書籍コーナーに並びます。

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

参考|現存する唯一の百年ハナミズキ。

今年3月中旬オザキフェイスブックで公開したこのポスター。WEBを通して全国の皆様に大きな大きな反響をいただきました。この写真は6年前にアメリカで撮影されたもの。撮影者の方の許可を得、このすばらしいハナミズキの姿を皆で共有することができました。この場をお借りして再度お礼申し上げます! 店頭でもポスターを掲示していますが、皆が口をそろえてこう言います「え?ハナミズキ??桜ではないの???」にわかに信じがたいこのハナミズキの雄大な姿に皆一様に驚きを隠さず感動しました。特にこの枝先の枝垂れ具合、樹形に何か違う植物なのでは?という声が絶えませんでした。
ハナミズキポスターアウト
今回の話題にあげたコトのはじまりは、約100年以上前。1909年、時代は明治の終わりころ。アメリカ大統領夫人ヘレン・タフトさんらの要望を受け、当時の尾崎行雄東京市長が、サクラを2000本アメリカに贈りました。しかし、約一か月の船旅を終えアメリカに到着すると、それらの苗木に害虫がついていることが分かりすべて焼却処分になってしまいました。

それを知った尾崎市長は再び約束をはたすため、二度目のサクラを贈る計画をたてました。穂木は東京荒川堤の桜並木から採取、台木づくりは病害虫の心配が少ない兵庫県の東野村で、害虫に強い苗木を!と1910年から、静岡県の興津試験場の恩田氏と、桑名氏、熊谷氏、堀氏、三名の技師の元、約6000本の苗木がつくられ1912年に日本を旅立ちました。無事完璧な状態でアメリカに到着したサクラの苗木の約半数はニューヨークハドソン河開発記念式へ、約半数はワシントンのポトマック河畔植樹用となり、現在世界有数のサクラの名所となっています(下写真)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、サクラ6000本アメリカ植樹の3年後1915年、その返礼として、アメリカより白花のハナミズキの木40株が日本に贈られました。そのハナミズキたちは、日比谷公園や小石川植物園など様々な場所に植樹されましたが、太平洋戦争などを機にその行方は不明となってしまい現在、残っているのは1株とされています。

先に述べた興津試験場の三名の技師の一人・熊谷八十三(くまがいやそぞう)氏。彼は技官としての任務につくまえは東京都立園芸高校の初代校長でした。その縁で、都立園芸高校にこの時2本のハナミズキが植樹されたそうです。1996年頃、1本が強風で倒れ枯れてしまい、残り1本は現存しているといいます。

今回、開花の時期を待ち、学校側の許可をいただき、ついにその姿を撮影しここにご紹介することができました。いました!ひときわ華やかに周囲を明るく彩ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今年は4月6日ごろから白く見える開花を確認していたそう。枝の先までたわわに花をつけています。ハナミズキの品種は何十種もあるそうですが、この樹の品種は不明だそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このハナミズキは百年前にこの場所に植えられました。接木として養生された年数を含めば樹齢102~103年。ハナミズキの一般的な寿命は約80年とのことですから、いかにこのハナミズキが稀有な存在か分かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
数年前まで南側にはさまざまな高木が生い茂り、その茂みに添うように北側に花をつけひっそりと成長を続けました。下の写真は2008年に地元の方が撮影されたもの。その様子がよくわかると思います。昨年このハナミズキの保護も含め、卒業生の方々の手によって南面の樹木の整理が行われハナミズキに陽があたるようになりました。
整理前
そしてこの姿。画面右端を見てください。画面の端まで枝が広がります。そして枝垂れています。この右手の枝ぶりぐるり一周を想像すると確かに一枚目のアメリカで撮影されたハナミズキの面影があります。南面は陽が差したばかり、これからゆっくり枝を伸ばしていくことでしょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして意外なのがこの主幹の太さ。100年のイメージからするともっともっと太いのでは?と思うのですが、この太さ。根の保護のため近くには入れなく幹周を図れませんでしたが おそらく1m程度。直径としては30cm程度ではないでしょうか。それには、こんな言い伝えがあるとか・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして4月10日、TVや新聞でも報道されていましたが、このハナミズキのある園芸高校にて「ハナミズキ百年祭」が催されました。日米交流財団(ワシントン)から日米友好の証として、同校にハナミズキの苗木が26株(13品種2本ずつ)が贈られ、キャロライン・ケネディ駐日米国大使らの手により、約1mほどの苗木・白花品種「スターライト」が植樹されました。この品種は昨年日本に入ったばかりのだそうです。
(写真:読売新聞4月11日朝刊)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もともと大きな大きなケヤキがいた正門近くの明るい場所に2株植樹されました。新たなる100年のはじまり。写真の人物は今回、ハナミズキと校内をお忙しい中、急きょ案内していただきました徳田安伸学校長様です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして記念切手、発行されています。金彩を使用しサクラとハナミズキをモチーフに美しい記念切手シート。ハナミズキを植えているご家庭の方は記念に持っていたいですね。最寄りの郵便局へどうぞ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Nogawa-no-Karugamoさまが2008年に撮影された用賀の谷沢川のハナミズキ。サクラではよくみかけるレイアウトですが、WEB担自身、ハナミズキで川を挟んでいるのを見るのははじめてでした。
川辺


◆◆◆下記の方々にこの場をお借りして深く御礼申し上げます◆◆◆

★S.Mizuno様(メインイメージ写真の撮影者様)

★東京都立園芸高校
園芸店につとめる者からすると、なんて幸せな環境なんでしょう!高校から園芸のことを中心に学べるなんて! ここはバラ園、盆栽が特に注目!後日また機会があればご紹介したいです!

—米国ワシントンD.C.桜物語り—
今回の経緯が詳細に詳細に紹介されており、大変勉強になるサイトです。皆様もぜひご覧ください。
 
★Nogawa-no-Karugamo様(園芸高校地元の方)

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村

 


出張OZAKI ミニガーデニングゾーン

オザキの名前をなんとなく耳にしているけど行ったことがない皆さまへ。練馬区西部にがっしりと根をおろしている当店ですが、本当に本当にめずらしく1階ガーデニングzoneの植物たちが銀座に出張中です。4月6日まで松屋銀座本店8階で開催中の「ターシャ・テューダー展」併設イベント「花のある暮らし」。小さなブースですので、お店にある量の何千分の一位の量ですが、ターシャさんの愛する植物や展示中の植物と可能な範囲でリンクしたラインナップです。日ごろ「遠くて行けない」「交通の便がちょっとね・・・」という皆様、ぜひこの機会をご利用ください。※観葉・多肉などはございません
b0001
ターシャさんがとても愛したクラブアップルスイカズラバラ(ロサ・カニナ、ロサ・ガリカオフィキナリス、ロサ・ムルティフローラ)、展示でも美しい姿をみせている、ライラック(センセーション、マダムレモネイ、キャサリンハブメイヤー)、バンクシア(ジャイアントキャンドル、ヘアーピン)、ビルベリージューンベリーキンカン、などの果樹・花木をはじめ、もちろんかかせないタチアオイ(チャーターズイエロー、チャーターズピンク、ラディアントローズ、ポーラスター、サンシャイン、アースマジック、ブラックナイト)、シャクヤク(イエロークラウン、サンシャインゴールド、かぐや姫、麒麟丸、エンジェルチークス、ソルベット、白雪姫、レッドサラベルナール、トップクラス、コーラルチャーム、ポーラフェイ、ブロードクイーン、レッドチャーム、レッドレッドローズ)、ジャーマンアイリスタイツリソウ忘れな草、などなど小さなお花まで各種濃い濃いラインナップを少数ずつお持ちしています。
b0002 宿根草も流通が少ない苗、東京近郊でも育てやすい品種を中心に多数のラインナップ。国際バラとガーデニングショウなどでも使用頻度の高い大人気のオルラヤの苗もあります。オルラヤは、その美しさ、他の植物との抜群の相性のよさ、こぼれ種でもよく増えるので、ぜひ、場所の許す限り植えてみたい植物です。欲しいときになかなか手に入り ませんので、小苗のうちにお求めになることをお勧めします。

宿根草(一例)⇒⇒⇒⇒アークトチス・バーガンディ///アガスターシェ(ゴールデンジュビリー///ボレロ)///アキレアタチアオイホリホック(ノブレッサ///ラプパレード///チャターズ イエロー///チャターズ シャモイスローズ///チャターズ レッド)///エゴポディウム・バリエガータ///エリゲロン・カルビンスキアヌス スタローン///カリホーポピーマロウ(インボルクラータテヌイッシマ///カンパニュラ・ラプンクロイデス///コロニア・バリア///サルビア・ネモローサ スノーヒル///スカビオザ(コンプリメント///ステラータ ドラムスティック///パーフェクタアルバ///ホワイトクイーン///ムーンダンス///ピンクレース)///ネペタ(キャットミントの仲間、ウォーカーズロウ///ファッセーニ///ファッセーニ・アルバ///バーバスカム(ウエディングキャンドルズ///サザンチャーム///アンティークローズ///シックスティーンキャンドルズ///ビオレッタ///ホワイトブライド)///フェスツカ・エリジャブルー///ブットレア・ムーンシャイン///ベロニカ(ロンギフォリア///ロンギフォリア アルバ)///ミューレンベルギア・カピラリス///リクニス コロナリア(アトロサンギネア///エンジェルスブラッシュ)///ロベリア・リチャードソニー 
b004
ハーブだけでも「え!こんなに種類があるの!?」とたくさんのお客様に驚いていただいています⇒⇒⇒⇒アルカネット///アンジェリカ///インドミント・アロマティカス///エキナセア///エルダー///クリーピングタイム///クローブピンク///ケンブリッジ・スカーレット・ベルガモット///ココナッツゼラニウム///コモンセージ///コモンタイム///コンフリー///ジャーマンカモマイル///スイートマジョラム///ステビア///スペアミント///セントジョーンワート///タンジー///チャイブ///ディル///ドッグローズ///トリカラーセージ///ニオイアヤメ///パープルセージ///フューバヒュー///ブラッククローバー///ブラックペパーミント///フレンチタイム///ホップ///ボリジ・クリーピング///ホワイトペパーミント///ホワイトボリジ///マーブルグレイ・ゼラニウム///マロウコモン///ミントバーム///メリロット///八重桃花ソープワート///ルー///ルバーブ///レッドクローバー///レモングラス///レモンゼラニウム///レモンタイム///レモンバーム///ローズ・ド・メイ・カーネーション///ローズマリー///ローズマリー・シッシングハースト///ローマンカモマイル///ローマンカモマイル・ダブルフラワー///ワイルドキャット///ワイルドストロベリー///ワイルドフィーバフュー  完売のものもでてきていますが練馬のお店にはもっとあります(笑)
b003
あくまで臨時出店のため、在庫がかなり不安定です。あらかじめご了承ください。距離が難関でご来店いただいていない皆様、少しでもお楽しみいただけるとうれしいです。毎日10~20時、最終日4月6日は17時まで。会場でお会いできるのを楽しみにしております! また、せっかく行くなら、、、ぜひ練馬のお店へ。もう春本番の空気!お花があふれかえっています!

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|ターシャ展前夜~スタート当日

今日はいきなりの春まっただなかの陽気。練馬は22℃だったよう・・・。どうりで・・・約6時間のガーデンメンテ作業をしていたWEB担、帽子かぶっていたのに一気に日射病状態(苦々)、そんな後、銀座にかけつけさせていただきました! 明日から開催の「生誕100年ターシャ・テューダー展」ひとあしお先に、ネタバレしない程度に紹介します!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
展示内容のひとつとして、2か所に分かれターシャさんの庭の再現がされています。担当はガーデンデザイナー杉井明美さん。杉井さんはターシャさんの庭に実際に行かれたことがあるそうです。「皆さんが目にしあこがれている庭は本当にすばらしいものと思います。アメリカと日本では気候などの環境が違うのでまったく同じ再現とはいきませんが、そのイメージに近づけるように配慮しました」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
57歳で庭づくりをスタートした頃、息子さんのセスさんの手によって、ターシャさんの望む1740年代の家が作られました。それが彼女が晩年の約30年以上を過ごした「コーギーコテージ」です。さらには温室も作られ、ターシャーさんの大切にする植物たちの冬越しが容易になったようです。この温室も一部再現されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ターシャさんの描いた絵本や挿絵などの原画が展示されています。23歳で絵本作家としてデビューしたターシャさん。その絵はアメリカ人の心を表す絵と称され、クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターなどにも採用されました。ペンの線と水彩画、ざっくり描いているようで丁寧、とてもあたたかいタッチ。そして端々に遊びごころ・・。彼女の描く世界は彼女の生活する世界そのものでもあったとか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ターシャさんは、いろんな動物たちと暮らし、中でも、犬のコーギー犬をひときわ好いていました。家の名前にもなり、絵本の世界ではコーギー犬が活躍する大人気シリーズも生まれました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コーギーコテージにて彼女の愛した生活品たち。この展覧会では、ターシャさんの作った人形たちのために、家具職人のセスさんが、人形用の家具をも作りました。それら、ドールハウスの品々が日本初公開で展示されます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
おみやげコーナーでは、彼女の本がずらりと並んでいます。デビュー作『パンプキン・ムーンシャイン』、小さい子供のための人気絵本『1 is One』~近年の写真集まで。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さらに、最新の特装本が発売されたようです。生涯で5つの夢を叶えたターシャさんが、その夢をひとつずつ実現していくプロセスを貴重な写真とともに紹介されています。たくさんの仕掛けもあってじっくり読んでみたいですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょっとだけの紹介いかがでしたか? ターシャさんの愛した生活と暮らし、今一度の方も、初めての方もぜひ見てみませんか? オザキフラワーカード会員の方はオザキの店頭にて招待券をプレゼント中。

会場:松屋銀座 8階イベントスクエア(東京)
会期:2015年3月18日~4月6日
時間:10:00~20:00(最終日17:00まで)
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20150308_tashatudor_8es.html

★緊急決定★ 初日18日14時~「マージョリー・テューダーさん×食野(めしの)雅子さんトークショー」開催。マージョリーさんは、ターシャさんの息子セスさんの奥様で、画家であり人形作家。ターシャさんより直接人形づくりを学びました。食野さんは数多く出版されているターシャさんの本などを翻訳。お二人がつむぎだす、ターシャさんのディープな世界、必見。※チケット購入など詳しくは下記の松屋銀座新着ページへhttp://www.matsuya.com/m_ginza/newinfo/others/2015/03/20150313_110300.html

 

3/18(水)スタート当日は益若つばささんが登場。ターシャさんといろんなポイントで似ているところがあるとか。会見の前に熱心に会場を見て回っていたそうです。彼女のブログにも素敵な感想が掲載されていました♪
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
身の丈にあった暮らし・・・。それぞれの感じること、受け取るものがありますね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

★3月25日~併設イベントにオザキフラワーパークが超めすらしく植物販売にいきます
ターシャさんをイメージする植物中心です、この会場では会員割引対象外ですが、ちょこっとのぞいてみてください♪

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考 | 節分草自生地

今年お正月の会員優待セール案内ハガキデザインにも使用した節分草(セツブンソウ)。

セツブンソウ(Shibateranthis pinnatifida Maxim.)は、キンポウゲ科セツブンソウ属多年草。関東地方より西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。高さ10cmほど。花期は2-3月で直径2cmの白い花を咲かせる。クリスマスローズと同じく花弁に見えるのは萼片である(以後、萼片は花びらと呼ぶ)。蒼の雄しべが美しい独特の姿。白の花びらははかなげに薄く繊細。

和名は、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからついた。可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっている。 (参照:Wkipedia)ここは自生地として有名な奥秩父。

その植物がどんな環境を好んでいるのかは、栽培する上で大事なポイント。斜面に落葉樹。こういうところが好きなんだ。冬はよく日差しが当たり、夏は深い緑で覆われる。背の高い落葉樹だから、けっして暗すぎる場所にはならないはずで、気温もぐっと涼しい場所だと思われる。

さてさて。どこにいる?

いた!前夜に降った3センチ前後の積雪に耐え、その小さな姿をのぞかせている。

時間とともに雪が解け、倒されていた花首を持ち上げはじめる。

気づけば、アチコチ!

雪がない部分は、春の息吹を感じる。

UP写真でついつい花の大きさが分からなくなる。Suicaカードを横に置いてみる。本当に本当に小さい可憐な花ということが伝わっただろうか・・・。

成長具合で個体差があり(葉の色に注目)

これは、そんな中でも特筆のめずらしさ。青軸のもの。あまりの花弁の薄さに、後ろの緑色が透けていて見えている。

ほら。横から見ると、白い花弁の後ろに緑の部分がありこれが透けていたわけだ。

この葉の色も独特に美しい。ほとんどの株がこのカラー。これがベーシックなんだ。

見ごろは今月20日ごろまで。自生地での姿は格別。貴方の身近にセツブンソウ。いますか?


 

※ちなみに店頭に現在、数株だけあるようですが、その数はごく少数、店頭在庫は常にうごいております。必ず欲しいためのご来店の際は、お手数でもお電話にて事前在庫確認をお願いいたします。

1階ガーデニングゾーン
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|クリスマスローズの世界展2015

2月20日~22日、3日池袋サンシャインシティで開催された 第13回「クリスマスローズの世界展」。

恒例の基礎知識コーナーがお出迎え。

各コーナー大変な人ごみとなりました。こちらは、各ナーセリー紹介コーナー。

横山さんのコーナーには代表花、幻の「ヨシノ」、小さな花、年々大株になる「プチドール」そして、アネモネ・パブニナが。異彩を放っていました。このアネモネはクリスマスローズの自生地にも近い場所に自生する寒さにも暑さにも強い植物です。2月下旬~5月下旬まで次々と開花します。

個人的には、出品されている寄せ植えコーナーが好き。とっても小さい花を中心に構成されていて繊細なものが多いです。



見入っちゃうわけです・・・(笑)

新花コンテストでは。

横山さん作出の花がおととしに引き続き最優秀賞に輝きました(おめでとうございます!!!)ハイブリッドの突然変異、びっくりするほどの花弁の枚数。雪割草のような進化を目標にして育種されていたものだそうです。本当にボール状に近い感じでした。

こちらは、野田卯一郎氏出品の純白シングル花、清楚で美しく大型の花。他にもさまざまな賞を獲得した株が並びます。

今年の特設コーナー「上野ファームの春」。

エイレンソウ、スイセン、ムスカリ、クリスマスローズ、原種シクラメン、、、春の花が一勢に、咲き群れています。

北海道ならではの光景ですね。

その他の出品株たち。銅葉が傘状におおった印象に残る株姿のもの。

王道的に「かわいい!」と思えるダブル。

たった3日間の会期はちょっと残念ですが、また来年!   また、現在、東京の神代植物園にて3月1日まで「第18回 神代植物公園クリスマスローズ展」を開催しています。原種の開花株などの展示、クリスマスローズ協会の方々の大切な株たちが展示されているようです。

クリスマスローズ開花に伴うハイシーズンもそろそろ終了になります。心残りないようにしましょう!

1階ガーデニングゾーン
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|海外からのお便り | ガーデンセンター

IGCA(国際ガーデンセンター協会)会議出席のため、現在、スイスに滞在中のオーナーより写真の便りが届きました。 スマホ撮影と思われるのでピンボケしてしまった写真はご愛嬌で!お願いします~! さっそく、下の写真、みわたす限りの白銀の世界、とはこのことですね~。透き通った空気感が伝わってきます。

ガーデンセンターのようです。

お!これぞスイス!的な記念写真!

さらには!これぞスイスをイメージする黄金ショット!「おじいさんとセントバーナード」

ガーデンセンター内に調金の彫刻!?

全般的にすっきりでカラーでまとめたコーナーが多いようです。



カラー配色も海外ならではのものが多いですね。ナイスペア。

ウスネオイデスを背景に吊る。万国共通のディスプレイなんですね。

最奥に見えるのはガーデンツールかな? とってもカラフルで気になる~・・

みなさん、どうですか? 写真便りのみなので、帰国後、追加情報ききつけたら、追記更新しますね!

1階ガーデニングゾーン
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


会員様限定|ターシャ・テューダー展チケット特別配布

■■■『生誕100年ターシャ・テューダー展』2015年3月18日(水)~4月6日(月)松屋銀座8階イベントスクエア 大人入場料:1,000円■■■

このターシャ展のご招待券(入場無料券)ご来店時にご希望のオザキフラワーカード会員様へプレゼントいたします(枚数に限りがございます)

⇒⇒⇒2月19日(木)より受付開始(枚数がなくなり次第終了となります)
⇒⇒⇒オザキフラワーカード指定の会計所(1階屋外正面会計所)(1階生花ラフレシア)(2階サービスカウンター)(2階カフェ・コロラド)にてご提示ください 
⇒⇒⇒2枚単位でご希望の枚数をお申し出ください(最大3セット計6枚までのイメージでお願いいたします)その場でお渡しいたします

2005年、アメリカ・バーモント州にあるターシャ・テューダーさんの庭がNHKで放送されました。究極のナチュラルガーデンと称されるその庭の一年を通してのあまりの美しさ、ターシャさんの生きる姿勢に、当時衝撃をうけた方も多いのではないでしょうか? 23歳で絵本作家デビュー、 70年間に発表した絵本は約100点にのぼり、彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターによく使われているそうです。4人の子供を女手ひとつで育て、57歳からスタートさせた庭づくり。母としての日々の営みに加え、絵本の創作活動、子供たちが遊ぶための人形づくり、そして庭づくり・・・。ちょっと想像がつかないくらいのバイタリティを感じます。2008年3月には松屋銀座にてターシャ展がスタート、連日大変な入場者となりました。来場した方は、彼女のそれぞれに思うこと、感じたこと、あったと思います。

同年、惜しまれながら、ターシャさんは92歳で逝去されました。今年は、彼女の生誕100年。それを記念して再度、松屋銀座でターシャ展の開催です。愛用していた食器や家具、ガーデニンググッズ、ドレスや絵本の原画、日本初公開となるドールハウスを含む約200点が展示されます。また、ガーデンデザイナー杉井明美さんによる「ターシャの庭」を特別展示する予定とのこと。今、ふたたび、ターシャ・テューダーさんの世界観を近くに感じる機会がきました。オザキフラワーパークは今回、植物販売で特別協力する[この場での会員様割引はできません]ことになりました。植物が好き、植物があると癒される、そう感じる少しでも多くの方に、ターシャさんのシンプルで心豊かな生活とお庭を感じていただければと思います。

また、BSで再放送が予定されているそうです。おそらく販売されているDVDとは別編集のオリジナルと思われます。環境が整っている方はぜひ、輝きの庭を見てください。

3月16日(月)午前9:00~
(再放送3月23日(月)深夜00:45~)
3月17日(火)午前9:00~
(再放送3月24日(火)深夜00:45~)
3月18日(水)午前9:00~
(再放送3月25日(水)深夜00:45~
※都合により特に深夜枠の変更・休止などある場合がございます。

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村