春の七草 |七草がゆ食べましょう!


セリ/ナズナ(ペンペングサ)/ゴギョウ(ハハコグサ)/ハコベラ(ハコベ)/ホトケノザ(コオニタビラコ)(現在のホトケノザではない)/スズナ(蕪)/スズシロ(大根) この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。その他、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。 七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの 行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられている。歌の歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタク サ」など地方により多少の違いがある。(Wikipedia参照) まさに1月6日・日曜日が買い時です!数も少ないですのでお早めに!