ツルバラの誘引終えましたか?


お店の北側にツルバラが植えてあります。1月20日の大寒をすぎもう1月も後半。ツルバラは誘引しなおさなければ!  -----それが楽しい。それが大変。皆さんいろんな想いがあることでしょう。様々な教本、本当にたくさん出ています。いろんな方法を試して皆さん自分のお気に入りの方法を見つけて、楽しくできますように。今回は当店スタッフ流の処理をお見せします。ポイントは、楽ちん。枝ぶりももちろん美しく。↓↓↓下の写真は作業前。 昨年伸びたシュートの固定をはずしていきます。もう枝が赤くなっていて、これを見るだけでもワクワクしますね。 バラは「落葉樹」ですから。落葉させちゃいます。古い葉はすべて取り除きリセット。こんな古い病気葉。このまま春を迎えたら、この病気やら虫の卵やらまたでできて大変。 さらに。誘引作業の大敵。トゲ。 すみません。ほとんど取ってしまいます。 1)昨年誘引されていた枝をすべてほどき 2)古すぎる枝は、株元からはずし 3)トゲをとる作業に徹する。 4)枝先の整理。このように枝先が枯れた状態ありませんか? 中途半端に残しても、水分がいかないので結局、このように枯れこむのです。 なので剪定する際の超基本として、芽の方向にハサミを入れる。その位置は、芽が枝となった場合の太さをイメージしたところ。 道具としては 左から:ガーデニング鋏//剪定鋏//皮手袋//麻ひも。この辺がベーシック。ハサミ関係は写真のものが錆びずらく切れ味バツグンが基本です。このシリーズいろんなタイプが充実。女性にも扱いやすいサイズの剪定ハサミもあります。 ちなみに昨年11月末にいらした小山内さんが開発にかかわった下のコンパクトなミニノコと根切ノコ。実際の使用感は抜群!めちゃくちゃ使い勝手が良かったです(店頭にて少数販売中) 1~4を終えているのであとは ゆったりバランスを見ながら誘引するのみ!? 春がどうなることやら。楽しみです。 自宅で咲いた花や実を集めて秋にはこんな花束つくってダイニングテーブルに飾りたいですね♪ 写真内:バラ:ナエマ//大きな実:ナエマ//小さな実:ピラカンサ//小さなブルーの花:キャットミント。 1階ガーデニングゾーン ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村