5.5|パッションンフルーツ講習会。


今年も講習会開催!◆2019.4.17.ページ末尾更新◆ 近年大注目のパッションフルーツ。果実そのままの状態で、とっても爽やかで甘酸っぱいおいしい強い香りはすばらしく、台湾では「百果香」と言われています。そのまま食べると、タネのプチっとした食感が楽しくて、また、甘いヨーグルトの上にのせたりすると、猛烈においしい!!感動の嵐!(個人感想)と、密かにファンが増えています。Yogurt with passion fruit on white plate.今回、講習会を開いてくれるのは、昨年からオザキブログで育て方をレクチャーしてくれていたジビキ・アマネさん。999ジビキさんの実家は、1980年、花づくりからスタートしたJBK farm。千葉県木更津に位置し、その果実の魅力を多くの人に味わってもらいたいと、地元の仲間と「熱帯村」を結成し、9年前よりパッションフルーツ栽培に取り組んでいます。パッションフルーツの栽培は施設内、路地ふくめ、約3,000㎡。ハウス001ジビキ家では、父を中心に家族で栽培、普及に取り組んでいます。家族写真パッションフルーツは南米原産。ジビキ家の栽培のこだわりは、農薬不使用、有機肥料をほどこし、香り高く絶妙な酸味のあるものを目指しています。栽培花もなんともエキゾチック。0022017年5月にはアマネさんの父上による講習を開いたところ、たくさんの方が参加し、皆さんの興味の高さにとても驚きろかされました。chichi講習会では、収穫を目的とする栽培法を中心に、苗の即売会も行います。講習会は5月5日10時30分~。約1.5時間予定。参加無料。座席予約の方への席が優先ですので当日参加の方は少しお待ちいただくかもしれません。

◆最新情報追加◆2019.4.17.

2019年4月14日のジビキ家ハウスより最新情報が到着!2019_001え!?すでに実がたわわ、、、。これは???2019_003通常の夏になるものは「夏実(なつみ)」と呼び、前年秋に実になったものが、そのまま冬越しし、春の温度上昇とともに、成熟されていく「冬実(ふゆみ)」と呼んでの収穫なんだそうです!へえええ!しかし、一粒でも感動なのに、こんな山盛り画像、、、。20109_003無加温のハウス内の日中はすでにポカポカ。花が咲いています!2019_002 当日の直売ラインナップ、ざっくりもらいました!(※すでにお申込み・お問い合わせいただきました方には、数日内に再連絡予定)◆ジビキ家選抜・収穫用の苗大株7号 2,200円(予定)(予約可)※昨年はあっという間に完売!◆(以下即売会場でお求めください、こちらも、開催時はいつもすべて完売になります)◆ジャム600円◆プチパッションの実3個入り250円◆フルーツソース1400円◆果実200円(予定)◆アイスクリーム250円◆ すべて、講習会直後から販売開始予定です。