秋分の日 | お彼岸の入り


★日本の心・季節感★ 秋分の日。国民の祝日としてはリアルな旗日。では、お彼岸はどうでしょう?。こちらは各家庭によってずいぶん意識が違うのではないでしょうか。お彼岸を大切にされている方には説明は不要ですが、ここでは、まったく縁なくすごしている方々へちょっとだけ・・さわりを・・・。秋分の日は春分の日同様、昼と夜の長さが同じになる日、そして太陽が真東から出て、真西に降りる日とされています。この日を中日として前後3日間を含む7日間を仏教用語からくる「彼岸」としています。今日がその最初の日、彼岸の入りとなります。

このお彼岸には先祖をうやまい、亡くなった方を偲ぶため、お墓参りをしお花をお供えします。この日本独自の風習を大切にする想いも込めて、秋をじっくり味わう感覚とともに、部屋に「秋の七草」や植物をひとつでも飾り、ぜひ季節感を感じてください。「秋の七草」は山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集の歌で選定し今に至ったとされています。オミナエシ(女郎花)オバナ(尾花:ススキのこと)キキョウ(桔梗)ナデシコ(撫子)フジバカマ(藤袴)クズ(葛)ハギ(萩)。たしかに、このそれぞれの花を目にすると、より気持ちが秋を感じます。

1階生花ラフレシアではお彼岸期間中(限らずですが)仏様用のお花はもちろんですが、秋を感じる草花がいっぱい揃っており気軽に一束から楽しんでもらえます。⇒⇒⇒ワレモコウ。チョコレート色の穂がかわいい。

⇒⇒⇒オミオナエシ。黄軸が印象的な美しい花です。

⇒⇒⇒リンドウ レッドラブ。イチオシ。通常のリンドウの花が3倍に品種改良され、美しい濃紅色を放っています。

秋を離れても 好きな花 元気になる花 心があがる花 癒される花 自分の感性にひっかかる花をぜひ飾ってください。⇒⇒⇒ハイドランジア ミナヅキ。

⇒⇒⇒ケイトウ アマランサス レッドチリ。独特のマテリアルです。

1階生花ラフレシア。