芍薬の季節です

ラフレシアでは今週、たくさんの種類の芍薬が溢れています(≧∇≦)
その中のほんの一握りをご紹介。

深山の雪
image

華燭の典
image

イエロービューティー
image

レッドチャーム
image

image
こんなにたくさん載せてるのに、お店にはまだまだ種類があるんですっ
!!(゜ロ゜ノ)ノ

芍薬は今がまさに旬。今週末は華のあるこのお花のお気に入り♡をぜひ探してみてください! 1階生花おさとう


フラワーバレンタイン♬

今日はフラワーバレンタイン。???。ここ数年はラジオTVでもどんどん紹介されてきているので、耳にしている人もずいぶん増えたのでは。日本では、女性が男性にチョコを渡すイベントとして根付いていますが、欧米では、男性から女性に花(主に赤いバラ)を贈ることが最もポピュラーです。近隣のアジア諸国でもバレンタインデーは男性から女性に花を贈る日として定着しているそうです。

大きな花束でなくマグカップなどにさりげなく飾れるサイズの方がもらう方も嬉しい。

昨日フェイスブックで、発見を教えていただいた 花びらが「ハート!」のラナンキュラス。

アレンジメントはもう!

春いっぱいです。

1階生花ラフレシア


啓翁桜|桜一番

一階生花ラフレシア店頭は桜満開。冬のこの季節に春をたくさんつれてきてくれる啓翁桜(けいおうざくら)です。

啓翁桜は支那実桜と彼岸桜を交配して作られたという説が有力で普通3月下旬~4月上旬に開花します。この桜を、気候条件をうまく利用し、冬に咲かせています。昭和40年代後半から全国でいち早くこの啓翁桜の「促進栽培」を取り入れ、生産量一位を誇る山形県より、啓翁桜がお店に出るまでのお便りをいただきました。

⇒⇒⇒11月の上旬から枝切り作業がはじまります。雪がつもりすぎて株元に行けないことも・・。

今現在はとても雪深い。啓翁桜 雪に埋もれています。

切り出した枝を、花芽の様子で選別しています。

状態の調整が済んだ啓翁桜たちは温室に入り蕾が膨らむのを待っています。温室に入ってから出荷まで約2~3週間かかります。

さあ!出荷です。

こうしてはるばる東京の店頭で開花するのですね。市場に出回るのは12月中旬~3月ごろまで。

啓翁桜が楽しめるのは今だけ。一枝ぜひ、ご自宅に春を連れて帰ってください。当店では今が一番入荷中です。

1階生花ラフレシア。


New Year リース・レッスン|和飾り|正月飾り

お正月の飾りを自分でハンドメイド。できたら素敵ですね。11/23.24、今回はじめて、和飾りをハンドメイドしてもらう講習会を開催しました。

ご自分の感性で材料をとめていきます。

女の子も夢中で制作中。

とっても素敵な作品と笑顔です!

他の生徒さんも。

1F生花ラフレシア。


超キュートなアレンジをどうぞ!

さあ!これはどこの売場の子?? 答えは画像をクリック!


 


大人気の生花たち|横山園芸|会津若松隊

横山直樹さんのダイヤモンドリリー今季おそらく最後の大量入荷!! 1本1本横山さんが心をこめて直接カット(∗❛ัᴗ❛ั∗)。愛情たっぷりのキラキラフラワー。





ぜひ直接、その目でそのキラキラみてください~♪ 上手に管理すると2週間は楽しめます!

そしてこちらも会津若松からの自慢の逸品たち。ユダさんの絶妙カラーのトルコ!

こちらもバラみたいなのにトルコ!テシガワラさん!

ヤマウチさんのラナンキュラス!

ほんの一部ですがイチオシです!1階生花ラフレシア


ドライリースレッスン2

ドライリースレッスン2日目です。生徒さん作品。基準より多くの木の実を追加。ボリュームのあるシックなリースが完成しました。

参加の生徒さんたち。様々な選択肢を提示すると各人個性豊かに素材を選び、見事にまったく違う雰囲気の作品を作り出していきます。

今回最年少の年中さんの女の子はお母さんを強力サポート。

コニファーをベースに選んだ方は、ぐっとクリスマス色。

銀葉ユーカリは本当におすすめでナチュラル感まんてん。新築のトビラにハンドメイドのリース。うらやましい限りです。

こちらはスズメウリが超ポイント!色の移り変わりがかわいらしい作品です。

皆さん今後、ご自宅で新しい作品にチャレンジするのかな・・・? なんて。とっても素敵です。

1階生花ラフレシア。


終了|ドライリースレッスン

こちらのイベントは終了いたしました。

今日明日開催のドライリースレッスン。
ベーシックタイプを生徒さん自身でさらにアレンジ。秋色アジサイを輪の部分に使用した美しいリースです。挿し色となったドライオレンジとのコラボは絶妙。
こんなにたくさんの形の実があるんですね。
どうやら、ドライ素材がふんだんなこの時期、創作意欲がとまらないようですね。
銀葉ユーカリをベースにしたこちらも生徒さん作品。
凝縮タイプの下のリースが基本です。1回3000円でチャレンジ。
お申し込みは03-3929-0544(生花まで)。その場で空いていれば、参加可能です。
1階生花ラフレシア


生花ダイヤモンドリリー入荷|横山園芸

やっと待ちに待った横山さんのダイヤモンドリリーの生花が入荷です。本日は2色。女性なら誰もが好きそうなかわいいピンク。キャサリン。

結婚式のブーケによく使用される美しきホワイトカラー。ウィーキ。

キラキラの輝き、お部屋で楽しみたい。1階生花ラフレシア。


秋分の日 | お彼岸の入り

★日本の心・季節感★ 秋分の日。国民の祝日としてはリアルな旗日。では、お彼岸はどうでしょう?。こちらは各家庭によってずいぶん意識が違うのではないでしょうか。お彼岸を大切にされている方には説明は不要ですが、ここでは、まったく縁なくすごしている方々へちょっとだけ・・さわりを・・・。秋分の日は春分の日同様、昼と夜の長さが同じになる日、そして太陽が真東から出て、真西に降りる日とされています。この日を中日として前後3日間を含む7日間を仏教用語からくる「彼岸」としています。今日がその最初の日、彼岸の入りとなります。

このお彼岸には先祖をうやまい、亡くなった方を偲ぶため、お墓参りをしお花をお供えします。この日本独自の風習を大切にする想いも込めて、秋をじっくり味わう感覚とともに、部屋に「秋の七草」や植物をひとつでも飾り、ぜひ季節感を感じてください。「秋の七草」は山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集の歌で選定し今に至ったとされています。オミナエシ(女郎花)オバナ(尾花:ススキのこと)キキョウ(桔梗)ナデシコ(撫子)フジバカマ(藤袴)クズ(葛)ハギ(萩)。たしかに、このそれぞれの花を目にすると、より気持ちが秋を感じます。

1階生花ラフレシアではお彼岸期間中(限らずですが)仏様用のお花はもちろんですが、秋を感じる草花がいっぱい揃っており気軽に一束から楽しんでもらえます。⇒⇒⇒ワレモコウ。チョコレート色の穂がかわいい。

⇒⇒⇒オミオナエシ。黄軸が印象的な美しい花です。

⇒⇒⇒リンドウ レッドラブ。イチオシ。通常のリンドウの花が3倍に品種改良され、美しい濃紅色を放っています。

秋を離れても 好きな花 元気になる花 心があがる花 癒される花 自分の感性にひっかかる花をぜひ飾ってください。⇒⇒⇒ハイドランジア ミナヅキ。

⇒⇒⇒ケイトウ アマランサス レッドチリ。独特のマテリアルです。

1階生花ラフレシア。