種ジャガイモ


う~ん!おいしそう!! じゃがいものタネ。種ジャガイモ。じつは食べてもGOOD。ジャガイモを育てたい人へのコツ。担当はそろそろ自宅で植えるよう。1~4月が植え時、でも少しでも早く植えると収穫時少しでも大きく育つ!と担当より。凍結することだけは絶対避けなければいけない。地植えなら深植え地面20-30cm下へ。プランターは10cm以上下へ&とにかく霜よけ。これひとつ。店頭は品種が出そろった。ページ最後に品種をざっと掲載。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA オザキのいいところ・・・。1個売りしています!プランターでちょこっと作りたい人におすすめ。1個の種じゃがいもから1kg収穫できる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 種ジャガは切り口をトンカツで小麦粉つけるように草木灰をつけて。肥料も一緒にどうぞ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA では品種⇒ダンシャク///メークイン///キタアカリ///とうや///わせしろ///ベニアカリ///ホッカイコガネ///シンシア///インカのめざめ///コガネマル///シャドークイーン///十勝コガネ///はるか///シェリー///他。

突然ですが。★★★feel free to fun ★Tokyo Garden★★★気軽に楽しくやってみたい!植物はまあまあ知ってる。けど意外に野菜をあまり育てたことのないナツが私物プランターにて適当にチャレンジ。あくまで「チャレンジ」。きちんと育てたい人は他のページを検索した方が絶対いいです。笑。まずはじゃがいも。プランター1個だから1個売りの種じゃがとオザキの培養土、草木灰、肥料を買う。買いました。苦笑。ちなみに「オザキの土」「オザキの培養土」2種あるけど自分はダンゼンこっち。団粒構造ばりばり感がたまりませんから。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 料理するみたいに半分に包丁で切る。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA これはインカのめざめ。食べたことある。あの濃厚な味どおり黄みの強い色がでた。すでにおいしそすぎ・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA シェリー。フランス生まれ。粘質、煮崩れしにくい、メイクイーンみたいってことだね。薄皮で皮つきのままでも調理OK。ずぼらな自分にマストだ・・苦笑。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA シャドークイーン。切ってびっくり。驚いた・・・。衝撃の色。なんか楽しい・・・。北海道生まれの紫じゃが。じゃやがいもとさつまいもの間のような食感なんだそうだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 切り口が腐らないように 草木灰をつける。小学校とかでもやるんだってね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA この狭さ(約40cmのプランター)になんと4種(あとベニアカリ)もほうりこんだ。明らかにいれすぎですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 肥料を入れて土をさらにかぶせる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 種いもから10cm以上まで土を入れたら下からたっぷり出るまで水やり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 見た目がさびしかったので元気色の黄色の花たちを植えてしまった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA さて。この無茶栽培はどうなるやら・・・。

4~6月の夏野菜時期の在庫はすごい速度で動きます。目的来店の場合は在庫確認を事前に電話でお願いします。野菜苗ブログ。なかなかUPされない。なかなか動きがとれない。下のボタンを日々ポチポチいただくと超!はげみになります。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村