参考|宝塚ガーデンフィールズ探訪 no.5


さあ。真夏の会員様ご優待セールが終わりましたところで、植物チームとゆく宝塚ガーデンフィールズ探訪その5。ふたたび。なにか異国情緒、時代、を感じる建物が見えてきました。

ここはガーデン全体の一番西付近。

春までレストランに使用されていたというノスタルジックなこの建物は、昭和初期に建てられ元宝塚歌劇記念館だった洋館。昭和22年全国の植物園の方がこの建物に一堂にあつまり「日本植物園協会」をここで創立したという記念すべき場所でもあるんだそう。部屋の中に不思議な空気を感じます。

建物向かいには、創立の記念樹。

このあたりには ワシントンヤシをはじめヤシ類が1株1株存在感を放ちながらたたずんでいます。下写真のヤシは9年ほどでこのサイズ・・。かなり立派。

・・・そして下の写真! ここはよくメディア写真などでも見かけます。風になびくグラス系と可憐な多年草が美しく共存するメドウガーデン。さすがに夏は緑豊かに茂りますが、秋の紅葉を想うとゾクゾクします。

こちらの風景も圧巻。フィールズだなあ・・・としみじみ。アジサイ・アナベル、カンナ、みな大きく育ち、のびのび広がって・・色の対比が美しすぎ・・。右隅の人物と比べるとその「のびのび」ぶり感じてもらえると思います。

どの植物も大地によく根づいている。なんかこういう風景は理由もなくうれしいものですね・・。フィールズスタッフさんは、ご一緒に周っていた小学生のお子さまには、お子さま向けのお話を丁寧にされていましたよ。素敵でした。

-------続---------
次で最後かな??