参考|宝塚ガーデンフィールズ探訪 no.3


植物チームとゆく宝塚ガーデンフィールズ探訪その3。もうめまいがするような光景。夏でこれなら、春や秋はどうなることやら・・・。 今回は「ウィンター・ガーデン」付近です。 下の写真の茂みは、サルココッカ。ツゲ科の常緑低木。冬に香りのよい花と紫の実をつける。美しい深緑色の塊は、植物が多い空間にこそ必要なテイスト。育てやすいって植木担当もイチオシ! きました! ギボウシの海。広いガーデンならではの使い方。この下には球根がぎゅうぎゅうなんでしょうね。 そういえば、関西に降り立って一番最初に驚いたのが、セミの声の爆音!!。理由がさっぱりわからないが、本当に爆音。そして、ここの素敵な樹木にも、姿勢正しく、留まって啼いているセミさん。2匹留まっているの見えますか? これも美しかった。ニセアカシアの木で造ったトンネル。「ロビニア・アーチのロングウォーク」。 自分のお気に入りの植物がアーチやパーゴラに・・・萌えませんか? ----続く----