プリティーベル|冬まで?楽しみたい。


4月末にすべりこみ到着した実付きプリティーベル。ポット苗は少量しか入荷せず即完売。実付きも、そのワクワクする見た目にたくさんの方がご自宅用に、プレゼントにと、買い求め、母の日まで断続的に入荷しましたが母の日には完売という人気ぶりでした。bb000今日は、NHK趣味の園芸「やさいの時間」でおなじみの深町貴子先生が、お店に遊びにきてくれて、プリティーベルのことをたくさん教えてくださいました! 春夏野菜として登場するトマトは秋には枯れてしまうもの、が通常ですが実は、このプリティーベルなら、上手に冬栽培ができれば、季節関係なく、一年中栽培可能!?というお話をいただきました。bb001◆実がついたものは、そのまま赤くなったら採って食べます(さすがにこれは皆さん了解のことですね。。)おいしい!。小さいままでも赤くなったら食べてください。プリティーベルは、花が咲けば必ず実になる性質。グルタミンが多く、ジュレ部分も少ない、ミニトマトながら果肉が多いので、そのまま焦がさないように鍋でソースにしたり、もおすすめだそうです。bb004また、わざと採らずに置くと、この品種は、実がなかなか落ちないタイプなので、ついた状態でドライになっていきます。写真の感じも、まだまだ!もっとシワシワさせちゃいましょう!それがとってもおいしいそうです。bb003◆実が全部なくなったタイミングで肥料をあげましょう!プリティーベルはその性質から、室内栽培(窓辺、出窓など)も推奨していますが、その理由もあって、選ぶ肥料は迷わずコレ!bb005まず「速効性」があり「肥料切れ」のメリハリがしっかりしている液肥。加えて、トマト栽培に抜群のアミノ酸が入っているもの「ペンタガーデン」。そして、このパッケージとはたまたまダブリますが、野菜は絶対絶対日光がないと!!なわけですが、大きくて厚めの葉は、日光条件をすこし和らげてくれます。それが室内栽培をおすすめする理由の一つだそう。bb006実がついているうちは、肥料をあげないでくださいね。実を一度収穫し終わったら、液肥です。体(葉)を育てる時に肥料が成長を助けてくれます。すると、脇芽がでて、花がいっせいに咲き、またすべてに実が成って、、、を繰り返すわけです。(写真はペンタガーデン現液。これを100倍に薄めて水やりのようにしっかり与えます)bb007今回販売された5号のままで深町先生は、なんと2年半同じ株を栽培したことがあるそうです!えええええーーーー!しばし、絶句。。。ちなみに、おっきな鉢に植えるのは、このトマトの根の性質にあわないので、一応7号鉢までの鉢増しを推奨します。まずは、お手元にプリティーベルがある皆さん、赤くなったら収穫、株に実がない状態になったら、液肥、またいっせいにお花が咲いて実になって・・・。を夏まで、秋まで、冬まで、、、ちょっと目指してみませんか?bb002

反映しないトラブル中ですが。。ぜひ。ぽちっとおねがいします!@@

にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村