参考|住友化学園芸講習 |バラの家|木村卓功氏


いわゆる園芸オフシーズン中、1~2月は、展示会や、業界内の勉強会などが開かれたりしていますが、今日は、ホームセンターや、私たち園芸専門店を対象に、大手園芸資材メーカーの住友化学園芸さん主催の勉強会が、東京・品川で開催されました。この回は、かなり大掛かりで全国からざっと300名近く参加しているように見うけられます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA会場には、この春イチオシの新商品を中心に紹介商品がずらり。参加者とメーカーが意見交換を行っています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA””住友化学園芸は今年創業50周年を向かえ、「ここまではお客様の困りごとに対応する50年」「ここからは未来を予測して対策する商品開発に挑む50年」””と、同社 社長 壇辻氏の挨拶で講習会はスタートしました。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの春、各人各店舗、実際に使用してその感触を体感して欲しいと、参加者には、新商品のサンプルが実際に配られました。そこで得る実感は、お客様皆様とお話する際、とても大切な要素となるわけです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA第一部:有名病害虫・カメムシと灰色カビ病・各1種をピックアップして、徹底紹介。カメムシが、益虫だったり害虫だったり、いろんな種類、姿のものがいるのをまざまざとお勉強。下記写真のチャバネアオカメムシ。名前の通り、きれいな緑と茶色のツートーン。果樹につくのはコレ!寒い冬は、全体的に茶色になり落ち葉と同じ保護色になってるそうです。さすが、薬品開発をしていますので、データは膨大のようです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第二部:スペシャル講師、ということで、これを楽しみに参加した方も多いようです。バラ育種家・木村拓功(きむら・たくのり)氏のお話。木村氏も会場の人の多さに圧倒されながら、貴重なお話をしてくださいました。埼玉で19代続く専業農家の後継者として育ち、6歳の時「野菜」生産が「切りバラ」生産に変わり、家の手伝いと遊びたい盛りとの大きな葛藤、ゆえに「切りバラ」が嫌いになり、でも庭に植えられていたガーデンローズのなんともやわらかな姿に魅了された思い、などを熱く語られます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA19歳で就農。切りバラの世界で名を馳せていた父上から、ヨーロッパに行って来い!と言われ、二週間ヨーロッパをめぐります。ナーセリーはとてもオープン、育種現場なども見せてくれ、単純な自分は「これだったらできる!」と育種を決意。以後、現在46歳まで27年育種家としてここまできています。育種の圃場は約1000坪。扱う品種数は約2000。写真内、ついている札、ほぼすべてが違う品種。品種の多さが自慢です。OLYMPUS DIGITAL CAMERA交配作業は、涙涙。花が一番きれいな3~5分咲きに花弁をすべて取り払い受粉します。OLYMPUS DIGITAL CAMERAバラの生育と、管理するためにも、何より「土」は大事で、気層を大切に意識したオリジナル培養土もつくりました。埼玉の杉戸でショップでは、人手がないこともあるけれど、生産現場と、販売する人がイコールなのは言葉の重みが違う、と、逆に大切に、強みにしているポイントです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA海外、特にドイツのコルデスの最新品種はバツグンに病気に強く、世界でトップクラス。そんなトップクラスのバラに並びたい、バラの育種の世界で一番になりたい、と日々育種に励んでいます。世界各国のナーセリーもめぐり情報交換。あれ?右端は有島先生ですね!OLYMPUS DIGITAL CAMERA埼玉県のショップやWEBショップなどの苦労話なども、そのままお話くださり、とても勉強になる回でした。バラ専門のショップは関東圏でもいくつかありますが、ぜひ行ってみたいお店のひとつです。ちなみに、オザキのバラ売場も今年は、オールドローズラインナップがかなり厚くなり(これはこれで後ほどプチ特集掲載予定~)、イングリッシュローズ、やっと入荷しました。お待たせしました~。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第三部:新商品紹介。家庭に一本。ベニカXスプレーが、まるでシャンプーボトルのようにおしゃれに落ち着いたダークレッドに透かし模様まではいり、メイン商品名をかなり小さく、目的を大きく表示。デザイナー目線でなかなかの賛辞にあたいする思いきったパッケージです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAシュっとした先の水滴がコロコロはじかれていたのが、びだーーーっと粘着質にしっかりかかる、、、など、いろんな、、、映像を(笑)、、、見せてもらいながら、これは、以前より、なおのこと、手元に一本おきたいなと思う内容でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

などなど、オフタイムに園芸病害虫の再復習、オザキスタッフも数名参加しましたので、ぜひ春は頼ってくださいね。