嵐前夜のユーホルビア祭。

10月最初の土日は各地で祭りが多い。こちらも負けずに ユーホルビア祭。ユーホルビア中心に 今 2階にトゲトゲ激しいもの。奇妙に美しいもの。特設コーナーできています。

Euphorbia fimbriata。ユーホルビア・フィンブリアータ。


Euphorbia obesa Hyb。ユーホルビア・オベサ。




Euphorbia susannae。ユーホルビア・スザンナエ。


Euphorbia mammillaris cv variegata。ユーホルビア・マミラリア・バリエガータ。


ズラズラ。



Euphorbia tuberculata。


Hoodia gordonii。




最後列はアローディア。


他にも いろんなものいる。フォレモーサ。

ポークレクタス。


モモタロウ。


2階エスカレータ前。※電話・メールのお問い合わせには対応していません[市場入]

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

8月24日。塊根動く。ブーファン|パキポ|ユーホルビア|石井商店

石井商店より緊急入荷!巨大&ファニーな塊根たちが24日(日)一時的に店頭に出る。えらい年月をかんじさせる大きさと質感のBoophane distica。

Pachypodium succulentum。





Pachypodium bispinosum。

Euphorbia stellata。

2階観葉植物売場中央付近にて。

手に入れたい・・・。 ※お問い合わせには対応していません[石井商店入]

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

7.19sat|亀甲竜祭!|石井商店

石井商店コラボ企画「亀甲竜祭」。今度の土曜日にズラっとアフリカ亀甲竜(きっこうりゅう) Dioscorea elephantipes(ヤマイモ科)が並びます。塊根(かいこん)植物としてファンを持つこの植物。名前のごとく、何十年と時を経て下の写真のように(超絶。これはもはやガメラ・・)亀の甲羅のようなイモに育ってゆく。そのイモの部分の造形美を堪能するのだ・・・。成長期に葉とつるを伸ばす。今回のアフリカ産は冬型で夏は休眠する。

今回緊急開催の「亀甲竜祭」では、写真のように10年、15年、20年、24年もの・・など、時間がかかった株が集合。

30年!。

一番最初の株は30年ものの倍のサイズ・・・ありますね・・・。いったい・・・何十年・・・???

10年もの株は多数あり。その他の大株は、写真に掲載した分のみ。でも、このサイズたちのこれだけの量が一堂に会することが非常に希少。

2階エスカレータあがってすぐのところに特設コーナー設置予定。下の看板が目印。


↓↓↓上とは別に昨日緊急入荷の巨大植物たちも一緒にならびます(店頭には本日でました)↓↓↓
下)アロエ・アクレアータ Aloe aculeata ¥40,000- ※東京より少し暖かい場所で屋外生産されていましたので地植えOK。(寒さ対策はその年の気候によって必須)



他 ウチワサボテン¥28,000-/柱サボテン¥12,000- /ユーホルビア¥12,000-/ラメリ¥8,500- 以上
※問い合わせには対応していません[石井商店/市場入]。

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

緊急入荷|ユーホルビア。

サボテンとともにユーホルビア入荷。





しました。
※電話メールなどのお問い合わせには対応していません。
2階サボテンコーナー。

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

予告|ユーホルビア、パキポ、リトープス・・|13日(土)夕方~

13日(土)夕方ごろ店頭に出るかも・・・。ユーホルビア。




わ~。ひさびさのリトープス。


パキポディウム ホロンベンゼ。

2階サボテン多肉植物コーナー。こちらの記事についてのメール、電話などのお問い合わせにはご対応ができませんのでなにとぞ了承ください。

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

あ。Euphorbia。

先日入荷したユーホルビア。ぬくぬく いいところにいたら。

あ。さりげなく成長の証。

この小さな小さな気づきに今日も嬉しくなる。

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

アデニウム|ユーホルビア|入荷。

こ・・これは・・・。

なんか、このくびれ・・・いい・・・。



シャビーな鉢に収まってお待ちしてます。

2階多肉・サボテン・観葉植物コーナー

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。

31日撮る|リトープス|ハオルチア|ユーホルビア・・・

あいかわらずですが・・在庫確認、お取り置きができませんのでご了承ください(≧≦)

シクラメンやシンビジウムに売場を占拠されるも「リトープス」は多数健在。コロラド下付近


この辺、ついつい光にかざして透明感に酔いしれます


サボテンは激しいトゲ、激しい子ども、激しい色 展開中


食べてはいけません


こんなのもうじゃうじゃいます


バオバブでもガジュマルでもありません

※電話やメールでのお問い合わせには対応していません。