外のバライベントレポート|and 宿根草大株即売会のお知らせ。

OZAKI の売場一番奥北側・ツルバラが満開を越えました。今年は、4月の異例の寒さでバラの開花は少し遅れ気味、でも安定した気温なので、花を長く楽しめています。OLYMPUS DIGITAL CAMERAフランスで100年以上前に作出された、白フチがとても印象的で ダマスクの香りにつつまれる バロン ジロー ドゥ ラン Baron Girod de l'AinOLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらも160年以上前に作出された人気の絶えないバラ  ルイーズ オディエ Louise Odier。豊かなダマスク香にうっとり。両方ともに、樹高1.8-2m程度のツルバラ。この位のツルバラだともてあましません。誘引できる場所にあわせた品種選定の大切さがありますね。 OLYMPUS DIGITAL CAMERAと。オザキでもバラの開花時期の盛りを迎え、世の中のバラ好きさんもこの時期はソワソワ。どこに観に行こうか、悩んでいるのではないでしょうか??? 昨年 第20回続いた国際バラとガーデニングショウが終了し、バラが大好きな皆様、その熱をどこにむけるのか、、、2つのイベントが関東圏で初開催されています。下記写真で各会場の様子へジャンプします。902横浜のイベントにはNHK趣味園バラの講師陣がずらり大集合!901売場内のアーチにもカクテルが満開。OLYMPUS DIGITAL CAMERA一階この時期は、ものすごい在庫の回転率になります。OLYMPUS DIGITAL CAMERA花苗、宿根草、山野草、野菜苗、ハーブ苗、庭木、花木、古典、全ジャンルがフル稼働でも何が何やら・・・。あ。先に嬉しい告知。5月18日(土)「輝きの宿根草大株生産者即売会」。1階奥の植木場付近で開催。OLYMPUS DIGITAL CAMERA皆さんも名前はよくご存知の有名女性ガーデナーが、惚れ込んだ生産者さんです。写真は、昨年最後の国際バラとガーニングショウでのアニバーサリーガーデンを手掛けている最中の現場写真。ここに並んでいるのが今回の生産者さんの苗が中心なのです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA新潟からこの加藤さんがオザキのお客様にと、宿根草大株を当日持ち込んでくださいます!kato現在の売場にも宿根草はたくさんありますが大株というのはなかなか販売されていませんのでお楽しみに。下の写真は セネシオ エンジェルウィングス。もけもけふわふわの小苗いますよ~。OLYMPUS DIGITAL CAMERAエキナセア。この写真に入っているラベル「ハーベストムーン」などのオレンジ~濃ピンク系の品種は、真夏に見ると元気がでるのでおすすめです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAニッチなところで 背が高あああああああくなる 皇帝ダリア。OLYMPUS DIGITAL CAMERAなんかコンペイトウを思い出しちゃう。カルミアコーナー。鮮やかな蕾がウキウキします。開花スタート。OLYMPUS DIGITAL CAMERAガーデンに活躍必須、ニューサイラン、プリペット類など、春は充実のラインナップ。売場がまだまだ配置混乱中ですみません(汗)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 


参考|バラぐらし|池袋西武百貨店

5月のバラといえば、の代名詞的イベント「国際バラとガーデニングショウ」が昨年の20周年で終了し、バラが好きの方の情熱の向ける場所がない、、、という状態でしたが、その想いを受けとめる新たなイベントが始まりました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA西武東京池袋駅の西武百貨店7階で 5/14~20日(月)開催の「バラぐらし・素敵なバラに包まれて」。西武池袋線エリアの駅中は、このイベント一色。OLYMPUS DIGITAL CAMERA7階会場、初日午前中はすごい人。初日なので、雰囲気だけざっくりお伝えします(後日全体を・・)OLYMPUS DIGITAL CAMERAフロアはこんな様子。OLYMPUS DIGITAL CAMERA催事場という室内空間に、たくさんの植物が配されています。20年にわたり続いた国内最大級の祭典を未来につなぐために開催されたというこのイベント。ドームでの風景がコンパクトに集結してかなりいい雰囲気です。OLYMPUS DIGITAL CAMERAあ。木村卓功さんの紹介コーナーがあります。OLYMPUS DIGITAL CAMERA木村さんの代表花といえる シェエラザード。場内あちこちに咲いています。満開の超大株も!見事でした! OLYMPUS DIGITAL CAMERA小さなテーマを決めたコーナーコーナーが続きます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA昨年20周年時にも展示されていた・国バラ歴代ポスターたち。OLYMPUS DIGITAL CAMERA展示展示エリアを出ると、木村さんの「バラの家」苗木販売。OLYMPUS DIGITAL CAMERAバラ苗以外も、百貨店ならでは。各日限定数ありのバラのケーキをはじめOLYMPUS DIGITAL CAMERAジャム、ケーキ、お茶などをはじめ、洋服、雑貨、香水など、バラアイテムの販売にあふれかえっています。OLYMPUS DIGITAL CAMERAわああ。おいしそう!OLYMPUS DIGITAL CAMERAこんなテーブルいいですね!OLYMPUS DIGITAL CAMERA西武百貨店ならでは、屋上「食と緑の空中庭園」もバラモード。階段しかない部分に展示ガーデンも出現。OLYMPUS DIGITAL CAMERAたぶんアンジェラと思われるツルバラをはじめ、特筆は、下草の美しさ。本当によくお手入れされていて、組み合わせ、配色が絶妙に美しくずばらしいです。OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして、池袋という、人が激しく行き交う立地+百貨店を活かし、各階、バラモード。全館でバラを押しています。OLYMPUS DIGITAL CAMERA業界目線だと大興奮かも。20日月曜日まで。ぜひのぞいてみてください。入場:700円。公式HPはコチラ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA


参考|国際バラとガーデニングショウ2018

第20回をむかえたバラの祭典「国際バラとガーデニングショウ」。今年は 吉谷桂子さんのガーデンにスポットをあてつつレポートします。

2018.5.20.⇒今日は、入場口で出迎える二つの20周年アニバーサリーガーデン、吉谷桂子氏のガーデンに迫ります。第1回目からこの第20回までずっと参加されている吉谷氏。施工するスタッフを事前に集めた研修会で語ります。今までは「吉谷桂子」に対する求められるイメージを重視し、童話の世界(2015年ブログ参照)や、かわいらしい世界をデザインすることが多かったけれど、この記念の庭は、本展覧会では最後の参加つもりでのぞんでいるので本当に自分が創りたい庭を作ります。b6005タイトルは「My Back Ground 1950s 昭和30年代に生まれて」。b6001デザインのベースとなったのは、バウハウスに影響を受けていた建築家のお父様が、戦後すぐに描いた下のガーデンデザイン画。戦後すぐにこの内容・・・。驚きの一言です。b6004右上の幼少期のご自宅はお父様デザイン。植物が入ることで、建築本来の姿をいい意味でごまかしてしまう、と植栽は一切せず、ずっと石庭だったそうです。すごく納得する話。。。b6003デザインのベースはどこか懐かしいミッドセンチュリーをイメージし、植栽は、最先端の21世紀をはしります。植物の形(点&線&面)、光と影の色、色のつながり、重なりの景色を常に意識し、ミクロとマクロの視点を持つように。27年前に学んだ英国のガーデン技法をもとに、吉谷氏流にさらにわかりやすく紐解かれてゆきます。b6006 (実際の会場写真より)それらが実践されてのこの景色。b6007最初はもちろん、まっさらの白紙グラウンドですから。。。この計算たるや。。。b6009舞台美術も学んだという吉谷氏の様々な計算のもと草花施工一日目に大枠が終了。普通なら、これでもう終わってるでしょ?と感じることでしょう。b6010さらに一日かけて 植物を入れ替える 数を減らす 向きをそろえる。。。入念に整えていきます。ガーデンの中央の作業はもう大変です。b6011b6012b6013冒頭でも述べた、英国ガーデン技法が静かに厳格に、そして最新の手法で施工された庭。その考え方、取り組む姿勢、丁寧な仕事、文字で読む経歴以上のものでした。日本のガーデンにこの考え方が当たり前にどこでも施工されれば、どの庭も美しくなることでしょう。その目でお楽しみください。

 

 

2018.5.18.⇒ さあ。華やかな祭典がスタート。何度も言っちゃいますが、今年は駅からドームをつなぐ正面入口からストンと入場できちゃいます!b002ワークショップも楽しみなものばかり。b2002

中央より奥手のソトナカがコンセプトのスケルトン躯体・あり LiveGardenにてb2001現在、池袋サンシャインでもミニチュアハウスが大量展示中の Pice of mind の加藤氏によるピクチャーガーデンづくり。b2005必要パーツを、参加者数分制作しているそうだから驚きです!b4003唐津攝子氏による「剪定枝のリースづくり」。b2006村田健太氏による「世界にひとつだけのレザーハサミケースづくり」。b2003その他、もちろんバラ界の先生方のトークショウや他イベント目白押し。b4002販売店ブースもバラをテーマに苗はもちろん、英国雑貨や関連のお店がたくさん並びます。b4001会期は23日(水)まで。さあ。貴方はいつ行きますか?

 

 

2018.5.17.⇒会期前日。いよいよ明日18日~23日まで会期スタートです。会期前なので詳細にはあまりふれませんのでご安心を。前日は、開会式と内覧会があります。このスタンドから見下ろす視界は毎年恒例だったのですが17_006今回、20周年ということもあり、駅からドームに向かっていく正面からそのまま入場できるようになりました。いつも、ぐるっと坂をのぼって結構歩いて、階段降りて、、と会場にたどりつくのが大変でしたが、これは劇的な変更です。17_003午前中はコンテストの審査などが行われ、午後の開会式では、審査結果発表および授賞式もあります。最初に、「バラ鉢植え部門」応募総数 456作品中の大賞。品種:ゴールデンボーダー/ナカムラ・アキラ氏。17_008美しいイエローの花がたわわに咲いています。17_016「ハンギングバスケット部門」応募総数 169点中の大賞 シノガヤ・エツコさん。なんと、2016年に続き、二度目の大賞受賞です。(下の写真クリックで当時の記事へジャンプ)17_013タイトル「時は花なり」。本展20周年、ご自身がハンギングバスケットマスターとなってから20年、コンテストに挑戦しはじめて、約10年と様々な節目の年、それらをイメージしての作品とのこと。じつは、使用している植物、ヒューケラやシダはご友人に譲ってもらい、ヒペリカムは再利用、そのほかの植物も、どこでも手に入るものを使用しています。17_00112時→20時で時計をイメージして制作した台座には、本当はトケイソウがそえられていたそうです。17_015「ガーデン部門」応募総数 75点中の大賞は RadiantGreenGarden+貝塚造園+GreenCalmHouse。17_014「おだやかに暮らす~庭とともに~」。デザイナーのアオキ・マリコさんは20代、三者の力があってこその受賞!と元気一杯。コンテストライズされていないリアリティある素朴で美しい景色はぜひ会場で。後日ここにUP追記します。17_002会場なかばにあるLiveGarden。有福氏デザインの「中にいるのに外と同じ空気を感じる」スケルトンのエリアで3つのワークショップが開かれます。村田健太氏による「世界にひとつだけのレザーハサミケースづくり」・・作りたい!。17_004唐津攝子氏による「剪定枝のリースづくり」。会場には唐津さん制作のドライがとても素敵にディスプレイされていて魅入ってしまいます。17_005写真左に見える材料で制作する「植物のある風景を飾るピクチャーガーデン」。ミニチュアハウスなどで近年話題、知る人ぞ知る Pice of mind の加藤氏のワークショップです。本気で全部参加したくなる内容ですが、、、し 仕事で来れません(泣)。各コース2-3時間少人数制でじっくり取り組むようです。おすすめです。17_007場内を歩くと、バラ界の有名先生が揃っている場所に遭遇。・・そこは撮影会の場に~笑。今日は、大野先生、小山内先生だけのようですが、これは、明日からの会期、大変です。17_011と、思ったら、先日オザキで140名近くを前に、爆弾発言含めた、なんとも楽しく、ためになるバラと宿根草のお話をいただいた河合先生にも遭遇。なんとも嬉しそうに、たくさんバラを買われていて、驚きました!「だって!目があっちゃったから!」。17_012最後に。入場してすぐ右手の吉谷桂子さんのアニバーサリーガーデンでは、忙しい合間をぬって、吉谷先生が多数の植物たちを最後までメンテナンス中。17_018花がらとり、水やり、どんなガーデンでも、行うことは「同じ」なのです。あ。手持ちのジョーロはHAWS製ですね? ロングリーチカンかな? これすっごく使いやすいんです!!! 道具にもかなりのこだわりを感じます。17_020アニバーサリーガーデンの詳細については、後日、どのような意図で制作したか、ぜひ皆さんにも知ってもらいたい、とのことでしたので、早めの段階でUP予定です(植栽技法に触れるので必見)。今回の会期は、オープン一時間前から写真撮りタイム(有料)があるそうで、その分メンテナンスも早く来ないと!とスタッフの皆さん気合を入れていました。17_017

1階ボタニカルガーデン ※[画像転載禁止] ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村

 

2018.5.16.⇒会期2日前。吉谷桂子さんのガーデン。昨日おおわくの配置を終え、今日は一日、花の向き、16_402配置換え、各所で微調整を繰り返します。16_401その植え方は、とても丁寧で、葉や花を傷つけないよう、今後の水やりのことも考えた植え方にするよう、スタッフに念を押しながら自らもどんどん作業を行っています。16_405そして夕方ついに、展示を汚さないための養生シートがはがされ、16_404オリジナルの植栽用支柱も登場し、設置されていきます。16_403吉谷先生のガーデンの先には「コマツガーデン」。このバラたちが買えるのはこのショウならでは。16_208あ。先日の河合先生の講習会時のバラ苗の件ではお世話になりました!と互いにあいさつ。ついでにオススメのバラを聞いてみました。16_301サラマンダー。火の精霊の由来の名を冠するこのバラは、河合先生の品種。赤のさまざまな濃淡がとても印象的で、数輪の房咲き、花もちよく花芯部以外は退色が少ないそうです。樹形は半直立性で枝は中程度の太さで誘引しやすい。春を中心に楽しむのであれは花首が短く咲くので家庭用のアーチでも良いが、返り咲き性が強いのでオベリスクやポールしたてに向く。いや美しい。16_302昨日に引き続き、大野先生も一日作業ぶっ通し。16_303昨日ピンボケした新品種のおすすめ ブルームーンストーン[1]。OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらも昨日話題の出た名前のない子[2]16_306そしてディスプレイしている子で遠くない将来、発表されるかもしれない子もいるよ、と今日も少し教えてくださいました。やさしいイエローゴールド系のバラ[3]※でも夜見てるの正確な色がでていません。16_305同じく[4]16_304このバラたちは、センターに位置するセントラルパークの赤丸のところにいます。16_307大野先生を通り過ぎると、なにやら、やさしく淡い色合いのバラが目に入りました。16_202わあ。小山内先生でした。オザキさん、そろそろ来るんじゃないかと思ってましたよ、と恐縮です(汗)。この淡い色のバラは今年の新品種「アッサンブラーシュ(京阪園芸)」。幾重にも重なる花弁に咲き開くとグリーンアイがでるそうです。楽しみ。16_201京阪園芸さんも販売ブースがあります。ここに、もうひとつの新品種「旬(しゅん)」。夜だったので綺麗な赤ではないですが、この感じだと、おそらく、目の覚めるような赤と思われます。多数の花弁を抱えて開かせ、花もちがバツグンに良いそうです。16_203とお話していたところに吉谷先生が通りかかり、まさかの2ショット。16_2001階ボタニカルガーデン ※[画像転載禁止] ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村

 

 

 

2018.5.15.⇒会期3日前。吉谷桂子さんのガーデン前。前日までに、ベースの構造物と樹木、草花の搬入を終え朝を迎えています。

001制作スタッフに指示を出しながら、植物を大雑把に構成していきます。一見 無造作に並べているようにも見える植物たちですが、吉谷先生ならでは。イギリスのガーデン手法を随所に活かし、さらに自身の直感を重ね計算しつくされたものでした。002一日がかりで、数百ポットの植物たちの中からどの花を舞台にあげるか奮闘し続けます。003夕方17時もすぎ、大枠の配置構成が終了し今日の作業は終わり。ドームの側面から夕陽が差し込むと、植物たちの表情が一変。コントラストの強い独特の雰囲気がしばらくあたりをつつみます。004この時間、16時以降は、この雰囲気、吉谷先生イチオシの丸秘Time。・・・会期前すぎるので例のごとく、ガーデンの詳細には今は触れず、施工の風景だけちょい見せでした。10218時もすぎ、他のエリアを少し見てまわると。。。あ。大野耕生先生発見。ご無沙汰しています!ツルバラと格闘中。104ちょうど触っていたこのバラは、品種の命名もこれからの新品種だよ、と紹介してくださいました。ピンボケごめんなさい。105さらに、今年の新品種”ブルームーンストーン”も!ありがとうございます!106大野先生は会期中、金、土、月曜日会場にいらっしゃいます。107各展示ブース19時まわっても施工真っ盛り。熱気すごいです、わくわくします!108ふと、目についたこのリーフ。たずねてみると、斑入りの藤だそう。。しかし。この斑は尋常ではない。。。そんな植物の驚きにも出会ったりします。国際バラとガーデニングショウは18日(金)から。今日のUPはこれにて終了。次回もお楽しみに。109

2018.5.9.⇒会期の前の週、ここは、八王子にある雰囲気たっぷり老舗園芸店「green gallery GARDENS」。0509_b007数日後にドームでの施工が開始されるのに供え、植栽施工に参加するスタッフと意識統一をするための研修会が開かれています。0509_b001吉谷さんならでは。園芸の本場イギリスの植栽テクニック、デザイン概念の話が中心です。0509_b002参加者はそれぞれ得意分野をもつ植物、ガーデン関係者が中心。様々な事例をみながら、良し悪しが語られていきます。0509_b施工の日数、人数も限られています。いかに段取りよく行えるか。大枠の動きが伝えられます。0509_b003座学がすむと、植物のポットを実際に並べる実演タイム。0509_b004ポットの間隔や背丈の配置の考え方、こまやかな話が続きます。0509_b006あっと言う間に、ミニミニガーデンの完成。0509_b005今ここで仮主役に添えられたのは「シェエラザード」。数日前に、モナコ国際バラコンクールで、芳香賞、とフロリバンダ部門の賞を受賞したばかりの品種。ドームの会場では、どのバラがクローズアップされるのか楽しみですね。0509_b008

To be continued。

1階ボタニカルガーデン ※[画像転載禁止] ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村

 


参考|国際バラとガーデニングショウ2016

★★★5/20→追加掲載。ガーデンショウ無事に閉幕しましたね。はじめて見る方は下の方にメイキングシーンなど掲載しているので最後までお楽しみください。今日更新は、玉置氏が手掛けた「世界のナーセリー」のコーナーを中心に品種クローズUPして掲載。※作業中 ※オザキ店頭扱いではありませんのでご注意を。

ライラ[バラの家]。大人リッチカラー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リベルラ [京阪園芸 F&Gローズ/今井ナーセリー]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シェエラザード[バラの家]。派手すぎず、でもしっかりと明るいピンクカラーに波打つ花弁。とても華やかで別のかわいらしさが凝縮。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モガ [京阪園芸 F&Gローズ/今井ナーセリー]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オデュッセイア[バラの家] コクのある豊かな濃紅色。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

大野耕生さんより先取りメッセージ。「会場にはたくさんのおすすめ品種が開花しています。ここで観るバラたちは照明の関係で屋外の表情とは全く違うものとなります。同じ品種をお持ちの方はぜひ見比べるなどしてドームならではのバラたちをお楽しみください」 OLYMPUS DIGITAL CAMERA ↑写真は大野さんおすすめのひとつ。河本バラ園 新品種「シュクレ」。四季咲き。中輪。強香。砂糖菓子という意味のやわらかいやわらかいカラーのバラ。※オザキでは現在販売していません。 ★★★5/11→今年オザキは55周年記念もあり同じ沿線ガーデニングつながりで応援していますが、会期2日前の施工の様子エリアを 限って公式取材。事前公開の内容は下記バナーをクリック。ブログ用バナー ★★★5/16→追加掲載。メインガーデンのひとつ「クリスチャン・ディオール 香りの庭」。マーク・チャップマン氏編。  クリスチャン・ディオールは、フランス北西部ノルマンディーで、幼少期を過ごしました。母の庭づくりに対する並々ならない情熱の影響を受け20歳になる頃には自身で睡蓮池をデザインし庭づくりをし、彼の美的センスが磨かれていった・・・といいます。  OLYMPUS DIGITAL CAMERA ガーデン中央に位置する小路。これを境に左手はディオールの感性をはぐくんだ幼少期をすごしたアールデコ様式の庭。右手は現在のフランスのディオール店舗のデザインをイメージ。この2つの象徴する空間をつなぐ小路だそうです。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 施工中のマーク氏。英国内の4つのカレッジでデザインや園芸を学んだスペシャリスト。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 現場数人の職人さんたちとこまめに打合せを重ねながら。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA ご自身もバンバン植物たちを庭に配置していきます。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA マーク氏からのおすすめ見どころ。まずは室内からの庭の眺め。庭の入口アーチからの眺めなど。ポイントポイントで幼少期を過ごした庭の風景をリアルに再現しています。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 18日(水)までの会期。来場する方はぜひポイントをおさえて鑑賞ください。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村 9999     ★★★5/14→追加掲載。メインガーデンのひとつ「マルメゾン城」。吉谷桂子氏編。フェイスブックで載せきれていない部分を少し写真分けてもらいました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 本当にたくさんの花鉢で構成されている庭。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA 吉谷氏より。ガーデン左手前のバラ・イブピアッチェ。ポイントのひとつです。ガーデン中央はオールドローズ、ガーデン手前に現代バラを配しました。下の写真のピンクのバラがイブピアッチェ。ひときわ美しく目を惹きます。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA バラ好きの方のなかでは「イブピ」の愛称でよく呼ばれていますね。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA ここにたくさんいたんだね~。メリアンサス・マヨール!?&バーバスカムかな? 会場内でひときわ華やかな多種多様な花の集まった吉谷桂子氏「マルメゾン城」です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村 9999   ★★★5/12→さあ。会期前日、開幕式・内覧会。ついに明日スタートです。今日は 寬仁親王妃 信子殿下臨席のもと開幕式が開催。主催者あいさつから「鉢植え部門」「ハンギングバスケット部門」「ガーデン部門」各大賞受賞者の発表です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「鉢植え部門」584作品中の大賞。コバヤシ シゲルさん。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「ハンギングバスケット部門」184作品中の大賞。シノガヤ エツコさん。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「地球の詩(うた)」地球をイメージし自分がキュンキュンくる組み合わせで勢いのある生命力のある作品に。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA テープカット。行われました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA そして。「ガーデン部門」89作品中栄えある大賞受賞 コバヤシ ヒロコさん。「小屋とにわとりと青い空」。詳細は後日・・。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 受賞者の顔が分かって見るとさらに親しみがわきます。 来場した皆様。会場案内図にはオザキで大苗が6月末まで割り引かれるクーポンがついています。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA   ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ にほんブログ村 9999


参考|お台場秘密の花園試験場!?

  

2020年東京オリンピック・パラリンピック。花の業界でもこの晴れの舞台にむけて様々な取り組みがすでに開始されています。
『花と緑のおもてなしプロジェクト2015』。競技会場が多く立地する臨海地域にて、国内と世界の人々を花と緑でお出迎えするために、東京の真夏の過酷な条件に適合する花の研究を、造園・種苗・園芸関連団体や都民が約2000㎡の規模の敷地の中で試験に取り組んでいます。

◎トライアル見本園◎ 夏場の過酷な生育環境に対し、適合した苗を選定するために、育成試験をしている花壇。デザイン的要素を一切いれず、純粋に品種の生育状況を見るための見本園です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
初夏~晩夏にかけて展開したこのトライアル花壇を少し紹介します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アンゲロニア・セレナ・ラベンダー 6株植栽地。暑さに強いとされるアンゲロニア。株張りも抜群。さすが蒸れたりもせず美しく花穂を立ちあげています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハッとする存在感の銅葉イネ・オリザ de ショコラ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
紅葉が美しいコキア。ほうき草ですね。紅葉前の姿は巨大なまりも。か・・かわいい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
各メーカーブランド苗などが一堂に会すこの場は、一般の方はもちろん、花の業界人、学生さん、いろいろ訪れるようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メランポディウムだけでも数品種、1区画に各種12株ずつ、株張り・花つきなどを試験しています。
メランポディウム・パラダイス。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メランポディウム・カジノ・レモン。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メランポディウム・ミリオンゴールド。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メランポディウム・ミリオン・レモン。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1株の成長ボリューム、分かりやすいですね。なんて詳細でデリケートな検証!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
イポメア各色の競演。ライム。ブラック。アンティークローズ。ダークブラウン。トリカラー。大幅に広がるものから控えめなものまで個性豊か。その成長具合も要チェックなわけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
真夏にまさかの錦の絨毯!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハツユキソウ・氷河⇒ケイトウ・チャイナタウン。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ニチニチソウ・ミニナツ・カザグルマピンク。12株。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、楽しく素朴、でも斬新な取り組み。(公財)日本家庭園芸普及協会が提案している新しい種まき法、土に種や肥料を埋め込んだダンゴを作って植える「たねダンゴ」での花壇。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダンゴに入った種、植物セレクトが絶品。美しいダイナミックな花壇が広がっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◎修景花壇◎ 耐暑性がある推奨品種の苗を活用し、実際の利用方法など提案試験しています。
春に全国各地で見る芝桜などの花絨毯は皆さん知ってのとおり。でも真夏に低く広がる花絨毯!希少な景色ですね。ペチュニア 桃色吐息 さくらさくら お雪ちゃん で作る美しい桃色絨毯。真夏にこんな歩道があったらすごく幸せ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朱赤のニチニチソウとセダムの2トーン。シンプルでエキゾチックな和の空間演出もありました。他の企業、団体もテーマを作り、様々な形で植物たちを魅せ、試験しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この場所は、お台場 ヴィーナスフォートの隣、このアングルが目印。そろそろ、冬花壇に変化する予定とか。入れ替え期間に行ってもお花を見れませんので、下記のサイトへお問い合わせしてから行ってみましょう!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この取り組みは、技術を蓄積し、5年後のオリンピック開催時に活かされる予定だそうです。
場所・詳細の掲載サイト。
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦草花コーナーはブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|国際バラとガーデニングショウ2015

今年も12日よりSTART!! 西武プリンスドーム。今回で17回を迎える国際バラとガーデニングショウ。[5/17最終日・3回目の最終更新終了]
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入り口付近にはレッドカーペット?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エントランスに創られたローズアベニューは赤いバラたちで彩られています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
会場には、あこがれの園芸研究家、バラの講師陣、ガーデナーが贅沢に普通にいらっしゃいます。さっそく!ここの赤バラたちをコーディネートした大野耕生さんに遭遇o(`ω´ )o!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ふと、ある店先(コーナー)で、花をつかみ、どんどん、束ねていく男性が、、、どんどん人だかりもでき、、、。フランス出身のフラワーアーティスト・ローランさんだ!あっという間に、超!かわいいブーケの完成!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらは日本ばら切花協会による「香りのパレット」コーナー。こんなにも香りに種類がある!とはっきり思える驚きをもらえます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
盆栽コーナー。なぜかリトルアーティストというミニバラ(下写真右)の採用率が高かったです、と、雑談はさておき、バラ×ボンサイ。新鮮で、まだまだ表現の幅の可能性を感じます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして!下はあるコーナーの脇角度。今回WEB担イチオシスポット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
吉谷桂子さんのコーナー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アンデルセン物語の庭。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アンデルセン童話の中から、それぞれにテーマカラーを持たせた7つの物語。植物の色、配置、絶品!とにかく美しすぎて飽きません。写真右上の木は 斑入ヤマボウシかな?今回の会場にはかなり多様されていますね!(当店2~3年前から、在庫しているときはしているんですよ~ふふふ。中段右の白花、会場中大多様のオルラヤも、開花株13日現在は店頭にて販売しています~)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サルピグロシス、ライスフラワー、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヤマアジサイ、フッキソウ、極一般的な植物が魔法にかかったように輝きを増しています!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
奥にひっそりいるのは あの女王。美しすぎる光景です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「人魚姫」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「赤い靴」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下の写真にも、1つの物語が隠れています。見つけられますか? 「おやゆび姫」画面中央より左に注目。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
開催前日撮影なので、メディア取材陣もしっかり、あちこちを撮影中。 ここは「風のガーデン」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なので上野砂由紀さん~。遠路、北海道からようこそ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その流れで、密かにおすすめスポット。風のガーデン裏手にイングリッシュローズが群れて咲いている一画あり。コロコロ優雅でたまりません。ERはじめたい方は必見ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガーデン展示も個性豊かに。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
-凛と咲く-女性たちへ贈る庭
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
季(とき)、ときめいて  足元の草花にも緻密に心配りを感じます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
森からの招待状
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大人のかくれが
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハンギング作品も年々大型に。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
土台も大型でオリジナルですよね? 皆さんすばらしい(((o(*゚▽゚*)o)))
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あ!はじめまして!木村卓功さんもいました!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もちろん!もちろんこの方も! 見逃しません!小山内さん!ご無沙汰しております!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな調子で、他の方々も会場のどこかにいるはずです^ ^、さて。下の写真は? 今回大賞作品「シツラエ」風車で自家発電の暮らし。でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
たくさんのバラにあふれるこの祭典。来年も行ける人はぜひ行きましょう!少ないながらの経験ですが、本当のOPEN直後か午後ゆっくりのほうが若干すいてるのかな~! そして、西武池袋線でお越しの方、「大泉学園駅」下車南口発「吉祥寺駅行」バス、「関町四丁目」バス停下車、徒歩10分でオザキです(40分位)。バラ苗も豊富に販売していますが、一緒に宿根草、草花、なにより、首都圏最大級の植物の品ぞろえを見てみませんか?

会場でみかけた植物たちもまあまあお店にいますよ~♪ ついでに紹介します。在庫は常に動きますので、必ず欲しいと思ってご来店の方は、事前に電話にてお問合せくださいますようお願いします。
★うわさの斑入ヤマボウシ・ウルフアイ(担当:植木場)。白斑です。ちょうど庭植えにちょうど良いボリュームの本株立テイスト2m以上! 場が華やぎます、これはおすすめですよ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像では表現しきれていませんが、花(愕)は白~ライムグリーンとさわやかできれいです! 他にもヤマボウシいろんなタイプがいます。黄斑入なんていうのもありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(以下、草花担当)左)ジキタリス・イルミネーションフレイム。ジキタリス×イソプレクシスの交配で生まれた最新品種。昨年位から出回りはじめました。当店には15日現在3株のみ。右)オルラヤ。こちらもすでにかなりかなりのヘビーユース度。こぼれ種でよく増えるし、脇役にも主役にもなれるので大変人気。開花株が買えるのは今だけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サルピグロシス。ベチュニアの仲間一年草。草丈40-60cm程度のほどよい高さ。雨で花びらが傷みやすいので、雨のあたらない場所に群植してみたいですね
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちなみにこんな素敵な色もあります
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦ブログランキングに参加しています。下のボタンをポチっとお願いします~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
にほんブログ村 花・園芸ブログ 宿根草・多年草へ
にほんブログ村


参考|国際バラとガーデニングショウ2014

西武ドーム。今回で16回を迎える国際バラとガーデニングショウ。昨年、月曜午前の超満員に懲りて、さらに混雑回避、水曜日午後にのぞいてみましたが、やっぱり混んでいます。

入ってすぐのメインガーデン。「プロヴァンスの庭」。光と風を感じる庭、一枚の絵葉書のような庭(写真をクリックして「光と風」感じてください)「住宅内」に重きを置く今、なかなかこんな贅沢は無理ですが、東京近郊でも手頃と思われるこの敷地サイズに理想を描くとしたらこうなるんだろうな・・・という夢の庭。大変参考になります。また、下の写真を見てください。手前に広がるのは花畑。

角度を変えると、お手入れするための小路ができています。あたりまえでいて、なかなか思いつかない素敵なアイディア。

このコーナーすぐ隣には「ローズアベニュー」。女性ブリーダー三人のバラが展示されています。少し閉鎖された空間のため、バラの薫りがより高まる空間です。

こんな素敵な組み合わせも。

ちょっとかわいい展示も。左のライオンはタマリュウベース。右のドラゴンは多肉ベース。

毎回のお楽しみの一つ。コンテストガーデン。


今年の展示は「居住」「植物」の距離が近いものがとっても多く感じました。


様々なイベントが開かれるローズテラスでは、「フレグランスを巡るフランスの旅」と題し、資生堂の方と、大野 耕生さん(右)、NHK趣味の園芸ナビゲーターの三上真史さん(左)が出演中。このガーデニングショウでは園芸業界で活躍中の先生方や造園家の方に直接会って話ができたりするのも大きな魅力でしょう。

この後ろ姿は、小山内 健さん(○゚∀゚)/。

じつは当店の売場でもなんどかお見かけすると噂の 河合 伸志さん には改めてこの場でごあいさつさせていただきました(´゚艸゚) ※あわててピントがずれてしまいました! また、ぜひ、お忍びでいらしてください!(その時の来店者さまは大変ラッキーです( ゚∀゚ )

横浜イングリッシュガーデンを監修されている河合さんは じつは宿根草もばりばり頼れる方。彼のデザインしたお庭もバラ以外に素敵でうっとりな配置で来場者を魅了していました。

有島 薫さんは病害虫について説明中。

ケイ山田さん。不思議の国のアリスの庭にて。

こんな展示もありました。エンジンといえば、HONDA。のブースにて。こんなかわいくデコられたミニ耕運機。超らぶりー。試作だそうです。

発電機もこんなかわいいバックみたいな姿に。

遠くに見えるは、ナチュラルカラーに身をつつんだ芝刈機。残念ながら、これも試作。でも、HONDAクラスのメーカーさんが、このような試み。私たち、ガーデナーにとっては、待ち望んでいたことです~ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙

赤毛のアンの庭。ナンジャモンジャの木。来場者の皆さんも、本当によく植物をご存じです。

ハンギングバスケットコーナー。

京阪園芸さんの販売スペース横の展示。中央のバラ「かおりかざり」すばらしい花色、薫り。

ご案内したいところはきりがなく、、、この辺まで、、、。今年の会期は明日まで。皆さん、お気に入りのバラ、出会えてますか? バラにチャレンジしたい方、購入予定の方、今週末のオザキは必見ですよ♪