セントポーリア「Rob’sジッターバック(ロブスジッターバック)」

  • イワタバコ科

  • セントポーリア属

  • 流通名(和名)

    セントポーリア(Saintpaulia)、アフリカンバイオレット(African Violets)、アフリカスミレ

  • タイプ

    多年草

  • 原産地

    熱帯アフリカ東部

  • 草丈/樹高

    3~15cmほど

  • 開花期

    9月~6月(真夏を除き一年中)

  • 花色

    白、紫、青紫、薄紫、水色、赤、赤紫、ピンク、複色など

  • 耐寒性

    弱い

  • 耐暑性

    弱い

  • 花言葉

    「小さな愛」「親しみ深い」「深窓の美女」

※この植物図鑑に載っているセントポーリアは、過去に入荷したものを参考資料として掲載しています。
現在の店頭在庫ではございません。
※いつ何の品種が入荷するかは未定となっております。
※ご注文やご予約等は、ご対応できませんので予めご了承ください。
※撮影時の照明や使用カメラの画質等により、実物とは多少花色が異なる場合がございます。

ロブス ジッターバック

「Rob’sジッターバック(ロブスジッターバック)」について

明るめの紫~青紫の半八重スミレ咲き。
写真では一重で、葉に斑が出ていませんが、セミダブル(半八重咲き)で、斑入り葉の品種です。

Rob’s Jitterbug
●ミニ種
●セミダブル(半八重咲き)
●スミレ咲き
●花色:青~紫系
●葉:斑入り

セントポーリアの特徴

室内で育てるお花の代表的存在。花や葉の形、色など、多種多様の園芸品種があり、世界中に愛好家がいるお花です。
近年では生産者が少なくなってきており、手に入りにくい品種も多々ございます。
基本的に暑さにも寒さにも弱く、室内で育てます。
18~25度くらいでカーテン越し程の明るさがあれば、真夏を除き、ほぼ一年中お花を楽しむことができます。

セントポーリアの栽培

置き場所

一年を通して、室内のレースのカーテン越しのやわらかい日差しのもとで育てます。
時々鉢の向きを変え、株全体に日差しがあたるようにしましょう。
冬は10度以上を保つ場所に置きます。夜間は窓際だと冷え込みますので移動してください。
夏、冬ともに冷暖房の風が直接あたる場所は避けましょう。

水やり

基本的に土の表面が乾いたら、鉢の底から流れ出るまで、たっぷりとお水やりをします。
受け皿にはお水を溜めないようにしましょう。
過湿には弱いので、水の与え過ぎは禁物です。
冬場は冷たいお水を与えると葉に斑点が出る事があるため、ぬるま湯(20度くらい)を午前中に与えるようにします。
空中湿度を好みますので、乾燥した室内の場合、時々霧吹きをして湿度を保つようにします。
葉についたホコリも落としましょう。

肥料

一年中お花を咲かせますので、定期的に肥料を施してください。
液体肥料でしたら、春秋は、1000倍くらいのものを一週間に一度程度。
真夏は株が弱り気味になりますので、基本的に肥料は中止します。
冬季は、2000倍に薄めたものを二週間に一度くらいとします。
夏バテ、根はりをよくするのに、活力剤「リキダス」(ハイポネックス社)などもおすすめです。

ロブス ジッターバック