スズラン

  • キジカクシ科

  • スズラン属

  • 流通名(和名)

    スズラン

  • タイプ

    落葉性多年草

  • 原産地

    ヨーロッパ、東アジア、北アジア

  • 草丈/樹高

    15~20cm

  • 開花期

    4月~5月

  • 花色

    白、ピンク

  • 耐寒性

    強い

  • 耐暑性

    やや弱い

  • 花言葉

    「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」

ドイツスズラン

スズランの特徴

鈴の様な可愛らしい花を咲かせる、春の訪れを知らせる代表的な花です。フランスでは5月1日のメーデーに大切な人に贈る花としても利用されています。
流通しているのはほとんどがドイツスズランで、日本スズランよりも形が整っています。ピンクの花色のスズランもあります。

スズランの栽培

夏に半日陰となる水はけのよい落葉樹の下などで育てます。庭植えの場合、湿り気のある場所なら放任できますが、乾きやすい場所なら表土が乾いたら水やりをしましょう。

毒があるので注意

全草に毒性がありますので、ペットや小さなお子様のいるご家庭ではご注意ください。
切り花にした花瓶の水など、ペットやお子様が触れないようにしてください。
また、花粉にも毒がありますので、食卓などに飾らないようにしましょう。