トレニア

  • アゼナ科(ゴマノハグサ科で分類される場合もあり)

  • トレニア属

  • 流通名(和名)

    トレニア、夏スミレ

  • タイプ

    一年草(多年草の種類もあり)

  • 原産地

    アジア、アフリカ

  • 草丈/樹高

    20~30cm

  • 開花期

    4月~11月

  • 花色

    青、紫、白、ピンク、黄色

  • 耐寒性

    弱い

  • 耐暑性

    普通

  • 花言葉

    「ひらめき」「温和」「愛嬌」「可憐」

トレニア(従来種)

トレニアの特徴

暑い夏の間も次々と花を咲かせてくれるお花。別名:夏スミレ。
青花は涼しげな雰囲気があり、初心者でも育てやすい植物です。
従来種はこんもりする程度ですが、「トレニア カタリーナブルーリバー」「トレニア サマーミスト(旧名サマーウェーブ)」などの改良品種は、一株でも大きくなります。

トレニアの栽培

日当たりが良く、風通し、水はけのよい場所で育てます。用土は一般的な草花用培養土で大丈夫です。
耐陰性があるので半日陰でも大丈夫ですが、花付きは悪くなります。
間延びしてきたり、混みあってきたり、乱れた枝は、適宜切り戻しましょう。

トレニア(従来種)