ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト

  • トウダイグサ科

  • ユーフォルビア属

  • 流通名(和名)

    ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト、ユキハナソウ(雪華草)

  • タイプ

    非耐寒性低木(日本では一年草)

  • 原産地

    メキシコ

  • 草丈/樹高

    30~40cm

  • 開花期

    4月~11月頃

  • 花色

  • 耐寒性

    弱い

  • 耐暑性

    強い

  • 花言葉

    「君にまた会いたい」「デリケートな美」「信念」

ユーフォルビア(ダイヤモンドフロスト)

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの特徴

白い小さな小花(正確にはお花ではなく苞(ほう)と呼ばれる葉)を咲かせる涼し気な植物です。(本来の花はほとんど目立ちません)
本来は低木ですが、寒さには弱いため、日本では一年草あつかいとなっています。
改良種で「ユーフォルビア・ダイアモンドスター」という品種や、「ユーフォルビア・ダイアモンドスノー」などの品種もあります。

ユーフォルビア・ダイアモンドフロストの栽培

置き場所

日当たりが良く、風通し、水はけのよい場所で育てます。
日照りと暑さで弱ることがありますので、真夏は涼しい半日陰においた方がよいです。
本来は低木ですが、寒さには弱いため、日本では冬に枯れる一年草あつかいです。暖かい地域では戸外で冬越しも可能です。

水やり

やや乾燥気味の環境を好みます。お水のやり過ぎにならないよう注意しましょう。

肥料

長期間咲くので、定期的に緩効性肥料を施してください。

切り戻し

伸びすぎた枝は夏前に切り戻しを行うと秋にまた元気に咲きます。
切った茎から白い樹液が出て体質によってはかぶれる場合がありますのでご注意ください。

ユーフォルビア(ダイヤモンドスノー)