ライラック(リラ)

  • モクセイ科

  • ハシドイ属

  • 流通名(和名)

    ライラック(リラ)

  • タイプ

    落葉小高木

  • 原産地

    ヨーロッパ南東部

  • 草丈/樹高

    1.5~6m

  • 開花期

    4月~6月

  • 花色

    白、赤、紫、青

  • 耐寒性

    強い

  • 耐暑性

    弱い

  • 花言葉

    「青春の思い出」

姫ライラック

ライラックの特徴

フランス語ではリラ。花は枝先に穂状に多数つけ、芳香があります。
冷涼な地域の代表的な庭園木で、北海道では公園木や街路樹としても植えられています。
涼しい地域を好むため、高温多湿の東京ではやや育てるのが難しい部類に入ります。

ライラックの栽培

置き場所

日当たりを好みますが、西日には大変弱いので、植え場所には注意が必要。
水はけのよい涼しい場所を選んで植えつけるようにしましょう。
東京あたりでは、夏場は高温多湿になりますので、風通しのよい涼しい場所でないと難しいかもしれません。

水やり

ライラックは過湿を嫌います。鉢植えでは水のやり過ぎにならないよう注意しましょう。
地植えでは自然にまかせて大丈夫ですが、夏場株元が乾燥しすぎるような場合は、敷き藁などで保護してあげるとよいでしょう。

肥料

肥料はあまりいりません。冬(1~2月ごろ)に寒肥を施す程度です。

剪定

7月くらいから翌年の花芽を作り始めるため、剪定する場合は花後すぐに行いましょう。

姫ライラック