ネム(ネムノキ、合歓木)

  • マメ科

  • ネムノキ属

  • 流通名(和名)

    ネム(ネムノキ、合歓木)

  • タイプ

    落葉高木

  • 原産地

    日本(東北以南)、朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、インド

  • 草丈/樹高

    10mほど

  • 開花期

    6月~7月

  • 花色

    白、ピンク、赤

  • 耐寒性

    普通

  • 耐暑性

    強い

  • 花言葉

    「歓喜」「胸のときめき」

ネム「ヒネム(緋合歓)」

ネムの特徴

初夏ごろに白またはピンクのふわっとした花を咲かせます。夕方になると葉を合わせるように閉じ、それが眠ったように見えることからネムノキの名前がつきました。
中国ではネムノキが夫婦円満の象徴とされているそうです。
葉はこまかく切れ込んでいるような葉でとても涼し気です。

ネムの栽培

置き場所

日なたから明るい日陰の風通しがよく水はけのよい場所を好みます。耐陰性があるのですが日陰では花つきは悪くなります。
水はけのよい場所であれば土質は特に選びません。

剪定

剪定は定期的に行う必要はありません。切る場合は4月ごろに込み入った枝や乱れた部分を軽く剪定します。
秋以降~冬の間の剪定、太い枝の剪定は枯れこみの原因となりますので避けてください。

ネム「ヒネム(緋合歓)」