セントーレア・ギムノカルパ

  • キク科

  • セントーレア属

  • 流通名(和名)

    セントーレア・ギムノカルパ

  • タイプ

    常緑低木

  • 原産地

    イタリア

  • 草丈/樹高

    70cm~1mほど

  • 開花期

    6~8月ごろ

  • 花色

    ピンク

  • 耐寒性

    やや強い

  • 耐暑性

    やや弱い

  • 花言葉

    「上品」「優美」

セントーレア・ギムノカルパ(葉)

セントーレア・ギムノカルパの特徴

ピンク色のアザミに似た花を咲かせます。お花も素敵なのですが、花のない時期でも銀葉が美しく、リーフプランツとしても楽しめます。
セントーレアというと、青い花が特徴のヤグルマギク(矢車菊)が思い浮かびますが、セントーレアには様々な種類があります。
ギムノカルパは原産地では岩場などに自生する乾燥に強い植物です。

セントーレア・ギムノカルパの栽培

用土

強い酸性土壌は嫌います。鉢植えの場合は一般的な培養土で大丈夫ですが、お庭の環境によっては苦土石灰で調整しましょう。

置き場所

日当たりが良く、風通し、水はけのよい場所で育てます。高温多湿は嫌います。
真夏は涼しい半日陰に置いてください。過湿を嫌うので長雨などにも当てないようにします。
寒さには強いので庭植えも可能です。厳寒地にお住いの方は、腐葉土や敷き藁などでマルチングをしましょう。

水やり

基本的に乾いたらたっぷりとお水やりをします。やや乾燥気味を好み、過湿は嫌います。
真夏は日中にお水やりをすると鉢中の温度が上がり根を傷める場合がありますので、気温の上がらない朝方か、涼しくなってからの夕方以降にお水やりするようにしましょう。
冬は水やりを減らし、乾かし気味にします。

肥料

春秋の生育期間に緩効性肥料を施します。

セントーレア・ギムノカルパ(葉)

セントーレア・ギムノカルパ(葉)