オレガノ(花オレガノ)

  • シソ科

  • ハナハッカ属

  • 流通名(和名)

    オレガノ(ハナオレガノ)、ハナハッカ(花薄荷)

  • タイプ

    多年草

  • 原産地

    ヨーロッパ、地中海沿岸の高冷地

  • 草丈/樹高

    10~40cm

  • 開花期

    5月下旬~7月、9月下旬~11月上旬

  • 花色

  • 耐寒性

    普通

  • 耐暑性

    やや弱い

  • 花言葉

    「実質」「誠実」

花オレガノ(ケントビューティー)

オレガノ(花オレガノ)の特徴

イタリア料理などでおなじみのハーブの「オレガノ」とは異なり、苞がピンク色に色づく可愛らしい観賞用リーフプランツです。
代表的なのは「オレガノ・ケントビューティー」で、他に「オレガノ・ミルフィーユリーフ」「オレガノ・ベリッシモ」などの園芸種があります。

オレガノ(花オレガノ)の栽培

置き場所

日当たりが良く、風通し、水はけのよい場所で育てます。
但し、日本の高温多湿の環境は苦手です。強い直射の場合や、真夏は少し涼しい半日陰に移動した方がよいです。
真夏以外に日が当たらない場所に置くと苞が色づかず、緑色になってしまう場合があります。

肥料

春頃に軽く緩効性肥料を施します。多肥は禁物です。(規定の半分くらい)

冬越し

環境によっては冬は地上部が枯れる場合があります。根まで凍ってしますとダメになることがありますが、根っこが凍らない程度であれば春にまた芽吹いてきます。

切り戻し

混み過ぎたり乱れてきたら適宜切り戻しをして風通しをよくしてあげましょう。切ることで脇芽も出ますし、株もリフレッシュします。

植え替え

植え替えは、暖かくなった春になっておから行いましょう。

花オレガノ(ベリッシモ)

花オレガノ(バーバラチンゲイ)

花オレガノ(ネオンライト)

花オレガノ(ロタンダフォリア)