ルドベキア

  • キク科

  • ルドベキア属(オオハンゴウソウ属)

  • 流通名(和名)

    ルドベキア、松笠菊(マツカサギク)、グロリオサデージー

  • タイプ

    一年草(多年草のものある)

  • 原産地

    北アメリカ

  • 草丈/樹高

    40cm~1.5m

  • 開花期

    7月~10月

  • 花色

    黄色、オレンジ、赤茶など

  • 耐寒性

    やや弱い

  • 耐暑性

    強い

  • 花言葉

    「正義」「公平」「あなたを見つめる」

ルドベキア(アマリロゴールド)

ルドベキアの特徴

夏から秋にかけて暑さにも負けずに黄色の花を咲かせます。
「ルドベキア・タカオ」(宿根草)、「ルドベキア・トト」(一年草)、「ルドベキア・プレーリーサン」(一年草)などの園芸種があります。
さまざまな品種があるルドベキアですが、中でもルドベキア・ラシニアタ(Rudbeckia laciniata)和名オオハンゴンソウ(大反魂草)は、外来種被害防止法により国内での栽培は禁止されています。

ルドベキアの栽培

置き場所

日当たりが良く、風通し、水はけのよい場所で育てます。

用土

一般的な草花培養土で大丈夫です。

水やり

庭植えでは自然にまかせて大丈夫ですが、乾燥が続くような環境では適宜たっぷりとお水やりしてください。
鉢植えでは乾いたらたっぷりとお水やりしましょう。

肥料

月に1回くらい軽く緩効性肥料を施します。
庭植えの場合は肥料はほとんど不要です。

ルドベキア(トト)