キンモクセイ(金木犀)

  • モクセイ科

  • モクセイ属

  • 流通名(和名)

    キンモクセイ(金木犀)

  • タイプ

    常緑小高木

  • 原産地

    中国

  • 草丈/樹高

    5~6m

  • 開花期

    9月下旬~10月中旬

  • 花色

    オレンジ

  • 耐寒性

    やや弱い

  • 耐暑性

    普通

  • 花言葉

    「謙虚」「謙遜」「陶酔」「初恋」

キンモクセイの特徴

9月下旬から10月中旬に、強い芳香のある橙黄色の小さな花を枝に密生させて咲きます。
日本三大香木のひとつ。(ジンチョウゲ・クチナシ・キンモクセイ。ロウバイを入れて四大香木とする場合もあります)
同じモクセイ科の植物で銀木犀(ギンモクセイ)という植物もありますが、そちらはキンモクセイほど香りません。
金木犀(キンモクセイ)は銀木犀(ギンモクセイ)の変種と言われています。

キンモクセイの栽培

置き場所

日当たりがよく風通し水はけのよい場所に植えてください。
寒さにはやや弱く、霜が降りるような場所では、生育は不良となります。
やや耐陰性もありますが、日当たりのよい場所ほど花つきは良好です。また、大気の汚れた場所では花つきが悪くなります。

用土

やや湿り気のある、肥よくな壌土質の土(砂質分に粘土質が3割ほど混じった土壌)を好みます。

肥料

2月下旬~3月頃に、寒肥として有機質肥料を中心に施します。

キンモクセイ